脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

暮らしに欠かせない電気設備設計

普段何気なく使っている電気設備ですが、人々が生活するうえで欠かすことができないものです。

茨城で電気設備工事を手掛ける会社では、高齢者福祉施設や保育園・学校などの教育施設、医療施設や公共施設などの屋内電気設備の設計・施工を行っています。

公共の施設での電気トラブルは多大な損害を生む可能性があるので、豊富な実績があり、信頼性の高い企業に依頼されるのですね。

電気設備設計

電気設備とは電気を作り、送って、使うための設備です。

電気を作り(発電)、送る(送電)設備は、主に電力会社が行っています。

一般的に電気設備会社で行う仕事は、送られてきた電気を屋内で使うための設備を整えることです。

建造物の施工様式や構造に沿って、効率よく電気を使うために照明設備やスイッチなどの配線を設計します。

安全性はもちろん、設置コスト、省エネやランニングコストまで考慮した設計が望まれます。

空調設備設計

建造物の電気設備設計を行う時には、空調設備設計も同時に行われます。

茨城の電気設備工事の会社でも、空調設備設計施工も事業の一つとなっています。

建物内の温度・湿度・気流などの空気環境を作る空調設備。

快適性と省エネを実現できる空調設備設計を行っています。