脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

福山市の児童発達支援とは?サービス内容や福山市の状況も紹介

福山市でも児童発達支援と呼ばれるサービスが提供されています。
このサービスは未就学の障がいを持つ子どもを対象としたサービスや施設のことで、自宅から福山市内の地域にある児童発達支援センターや児童発達事業所に通って療育や支援を受けるサービスです。
今回は、児童発達支援を提供する施設の内容や福山市の例についても紹介していきましょう。

福山市でも提供されている児童発達支援とは?

児童発達支援は、福山市でも提供されています。
このサービスは、保育園や幼稚園の代わりのような施設として障がいのある小学校へ入学する前の子どもが利用しています。
週に何回か通いながら、子どもや保護者の状況や環境、利用意向を踏まえたうえで個々の内容に合わせた支援を行っているのが特徴です。

児童発達支援の役割3つ

支援する内容は主に3つの方面から行われており、本人、家族、そして地域に対して支援しています。
本人に対しては、早期に問題点を発見して、自分でその問題点を乗り越えやすくしたり、周囲の支援を受けてやり抜くといったことを施設内で指導、支援しています。
必要に応じて聴能訓練や言語聴覚訓練など病院や障がい者施設で行うような専門的な機能訓練を行うことも珍しくありません。

家族への支援も児童発達支援では行われています。
家庭での子育て相談や子どもを児童発達支援で預かることによって福山市やその周辺で就労できる環境を提供するといったことも行っています。
また、介護が必要な子どもに対しては介護を休ませるレスパイトケアと呼ばれる休養時間を提供する点も重要な支援です。

意外と知られていないのが地域への支援です。
障がいはないと判断されているけど、他の子と様子が違うといった家族の相談にのったり、地域の保育園と連携してそれぞれの子と接する機会を提供したりといった支援をしています。

福山市では放課後等デイサービスと併設しているケースもある

福山市ではスムーズな移行ができるように児童発達支援と小学生以降の子どもが利用できる放課後等デイサービスとを併設しているケースも少なくありません。
そういった施設も見学しながら、利用する場合は併設の有無も含めて検討してみましょう。

出雲発祥のスイーツ!ぜんざいを改めて知る!

島根県出雲市には人気のスイーツがたくさんあります。

また和のスイーツのメジャーなメニューの一つである「ぜんざい」発祥の地として知られています。
しかし、その事実を知らない方が意外に多くいるのが事実です。
また、そもそもぜんざいとはどんなスイーツだったかイメージしにくいといった方もいます。
そこで今回は、そもそもぜんざいとはどんなスイーツなのか、出雲市はなぜ「ぜんざい」発祥の地といわれているのかについてまとめました。

そもそもぜんざいとはどんなスイーツか?

ぜんざいは、甘く煮た豆のスイーツで、善哉とも書きます。
これは、一休さんでおなじみの一休宗純が、初めて食べたとき「善哉だ」といったことがルーツとされています。
善哉とは、師匠が弟子をほめるときに使う言葉であり、ぜんざいの美味しさから思わず出たようです。
もともと善哉とは仏教のルーツである、インドで用いられているサンスクリット語の「すばらしい」という意味なので、まさにぜんざいはすばらしいスイーツだったといえるでしょう。

甘く煮た豆というとお汁粉と同じイメージがあります。
しかし、ぜんざいとお汁粉は似ていますが、少し違います。
出雲で出されるようなぜんざいは汁がありませんが、お汁粉は汁があるので、それを違いとしているケースがほとんどです。
しかも、もともとお汁粉は、塩味の豆を使った汁であり、そもそもスイーツではなかったのです。
そう考えるとお汁粉とは似て非なるスイーツであることがわかるのではないでしょうか。

なぜ出雲がぜんざいの発祥の地なのか?

一休さんの説以外の説によると、出雲はぜんざい発祥の地とされています。
出雲は古くから出雲大社があり、ここで催されるお祭りも数多くあります。
その一つに「神在祭(かみありさい)」と呼ばれるお祭りがあり、神無月(10月)に全国から八百万の神様が出雲に集まるお祭りです。
ここでふるまわれる「神在餅(じんざいもち)」がベースになってぜんざいが生まれたそうです。

現在、出雲では出雲ぜんざいという名称で多くのお店が名物スイーツとして、販売しています。

マシニングとは?マシニングで何ができる?

マシニングって何?

マシニングとは、切削加工をおこなう機械のことです。フライス加工・穴あけ加工・中ぐり加工など、どんな加工も自由自在。マシニングにより手掛けられた加工が「マシニング加工」です。
最近は多軸機械が増えてきて、1台だけで色んな加工ができる機械も増えてきました。マシニング加工はコンピューターで制御されているので、事細かな調整も可能。さらに一度機械にプログラミングをしておけば、大量生産にも対応できます。繰り返して使えますので、凡庸性も高くなっています。

基本的なマシニング

基本的なマシニングは、X軸・Y軸・Z軸にツールを動かして加工します。多軸になったら、さらに4軸・5軸といった、複数の方向から加工が可能。つまりより緻密で複雑な製品にも、加工できるという訳です。
とても緻密に加工するので、仕上がりは芸術レベルで美しいもの。鋳造用の金型の生産に、マシニング加工が使われることもあります。

マシニングでできること

マシニング加工で出来るものには、色々あります。自動車・バイク・鉄道・船・建設機械・モータなども、マシニング加工で生産可能。世の中にある金属機械に使われる部品の多くは、マシニング加工です。
もっとぶっちゃけてしまうと、軍事兵器にもマシニング加工は対応しているほど。とはいえ、戦争に賛成しているのとは違います。日本国内の場合は、あくまでも日本という国を守るために使われるもの。そもそも、万が一にも戦争で使われたら、世界各国のマスコミが黙っていないでしょう。

マシニングをしているところ

鹿児島にある工場でも、マシニング加工は盛ん。鹿児島市にある工場では、有機LEDや精密幾の部品を生産。精密機械は数ミリどころか数マイクロミリのズレも許されないほど、正確な技術が必要不可欠です。
工場は下請けな状態ですが、取引先には大企業の名前がちらほらと。ここまで来ると、世界的に見ても高い技術を持っていると言っても差し支えはないでしょう。外注先を探しているのなら、検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

仕事と休暇をちょうど良いバランスで取れるワーケーションについて紹介

ビジネスとレジャーを掛け合わせたワーケーションは、とても注目されているライフスタイルですよね。


仕事と休暇をちょうど良いバランスで取れるのが魅力ですし、ワーケーションを後押しするようなサービスも生まれています。


ワーケーションの良さについて紹介します。

 

いろいろな施設でワーケーションが可能になっている

今は宿泊施設の旅館やホテルはもちろんのこと、コワーキングスペースやシェアハウスなどでもワーケーションが可能になっています。


ワーケーションではリモートワークが欠かせませんが、利用者がリモートワークをしやすいようにWi-Fi完備の施設が増えています。


「ネットさえつながれば仕事ができる」と考える人は、非常に多いのではないでしょうか。


ですので「ビジネスは会社でする」という観念は、過去のものになりつつあるといえるでしょう。

 

ワーケーションは息抜きがしやすい

観光地など知らない土地で働くワーケーションは、息抜きがしやすいです。


その土地の美味しい物を購入して食べる、有名な観光名所めぐる、大自然を満喫するなど、気分転換の方法がたくさんあります。


見るものすべてが初めてなので常に新鮮な刺激を受けられるのが、ワーケーションの良いところですね。


たとえ仕事で疲れても、すぐに気分をリフレッシュできます。

 

ワーケーションに適したサービス

ADDressは、定額で全国各地に住み放題のワーケーションに適したサービスです。


仕事や生活に必要な設備が一通り揃っているので、気軽にどこでも住めます。


普段都会で生活している人が地方の物件に住み、ワーケーションをのんびりと楽しむことも実現可能です。


また、移住に向け、とりあえずお試しで住んでみる人もいます。


物件はリノベーションされていてきれいですし、まさにワーケーション向けのサービスですね。

 

まとめ

仕事と休暇をちょうど良いバランスで取れる、ワーケーションの魅力について紹介しました。


「地方でのんびりと仕事をしたい」と希望する人のために、全国各地でワーケーション可能な施設が増えています。


Wi-Fi完備など地方でも問題なく仕事ができるので、ワーケーションに興味を持つ人は少なくありません。


また、定額で全国各地に住み放題のADDressというサービスもあります。


ワーケーションは仕事の息抜きがしやすいですし、今後注目のライフスタイルです。

 

鹿児島でも利用者が多いハウスクリーニング!家事代行との違いは?

鹿児島でもハウスクリーニングを利用する方が増えてきています。
介護や家事、仕事、子育てが忙しくて掃除もそこそこの状態という家庭が多かったり、その利便性の高さが広く認知されてきていることが挙げられます。
しかし、家事代行と何が違うのか混同している方も多く、とりあえず家事代行で掃除をお願いしようという方も少なくありません。
また、ハウスクリーニングでしかできないような仕事を家事代行で依頼してしまい、困惑されてしまうこともあります。
そこで今回は鹿児島の家事代行とハウスクリーニングとの違いについて解説します。

鹿児島の家事代行は女性スタッフが対応

鹿児島の家事代行は基本的に女性スタッフが対応しています。
ただし、お客様の家にある清掃道具や洗剤を使っての清掃や家事サービスになるので、頑固な汚れが取り切れないことも少なくありません。
また、清掃は家事代行の一サービスであり、他のサービスも並行するため、ハウスクリーニング程充実していないこともあります。
総合的なサービスを女性スタッフが提供してくれるため、とりあえず一通りお願いしたい場合に向いているといえるでしょう。

鹿児島のハウスクリーニングは清掃に特化

鹿児島のハウスクリーニングは、清掃用具や洗剤を持ち込んで清掃を実施します。
専用の道具や洗剤によって、あきらめていた汚れもきれいになる可能性も十分期待できます。
また、スタッフも清掃に特化しているので、エアコンや換気扇の分解清掃といったクリーニングにも対応し、トイレもしっかり清掃しているのが特徴です。
鹿児島のハウスクリーニングは、県内であれば奄美諸島など一部の離島を除いて対応できることがほとんどなので、興味があれば見積もりを受けてみましょう。
清掃専門だからこそできることも多いので、気になる汚れがあれば見積もり時に相談してみることをおすすめします。
また、力が必要な家具を動かすような清掃についても男性スタッフが対応する等納得のサービスを受けることも可能です。

 

集客・検索キーワードの選び方・使い方

 

ビジネスでは集客力がとても重要ですがこちらの書籍では検索エンジンを使った集客方法が学べます!

ビジネスでは、集客力が大事です。


多くのユーザーを集客できれば、多くの方に商品・サービスなどを紹介することが可能です。


また、現代ではネットや、グーグルなどの検索エンジンを使うユーザーがとても多いという状況になっています。


ですので、ネットや、グーグルなどの検索エンジンを使った集客の力があると、多くのユーザーを集めることができるということになります。


今回紹介する書籍(集客・検索キーワードの選び方・使い方)では、グーグルなどの検索エンジンを使った集客方法について詳しく書かれているので、ビジネスの為にとても参考になると思います。

 

検索エンジンを使った集客で重要なキーワード選定の方法を詳しく学べる

まずキーワード選定の意味について解説したいと思いますが、ユーザーがグーグルなどの検索エンジンを使う場合は、まず検索するためのキーワード(文字)を打ち込みます。


例えば、「ダイエット 簡単」みたいに、キーワードを打ち込んで検索すると、検索結果が表示されます。


ですので、キーワード選定とは、どのキーワードで集客をするのかを選ぶ作業です。


先程の例だと、「ダイエット 簡単」のキーワードで検索するユーザーが、もしも簡単にダイエットができる商品を紹介された場合は、興味を持ってくれる可能性が高まります。


ですので、販売主側が紹介したい商品・サービスを、どのキーワードで検索するユーザーに紹介すればいいのかを判断することはとても重要です。


ですので、キーワード選定は重要なのですが、こちらの書籍では、キーワード選定の方法を詳しく学べますが、私が今までに、キーワード選定に関する書籍を読んだ中で、こちらの書籍は一番詳しく書かれているので、かなり貴重な書籍だと思っています。

 

選定したキーワードの効果測定の方法が学べる

キーワードを選んだ後は、そのキーワードが集客や商品の販売などに効果があるのかどうなのかを判断する必要がありますが、その方法には、グーグル広告を使う方法があります。


こちらの書籍が販売された当初は、グーグル広告という名前がグーグルアドワーズという名前だった頃ですが、こちらの書籍では、グーグルアドワーズを使ったキーワードの効果測定の方法について書かれています。


しかし、グーグルアドワーズもグーグル広告も中身はだいたい同じなので、古い情報にはなりますが、十分参考になると思います。

 

まとめ

ここまでで、キーワード選定の意味や重要性などについて解説しましたが、こちらの書籍では、キーワード選定の方法について詳しく書かれているので、こちらの書籍はとても貴重だということをお伝えしました。


また、こちらの書籍では、選定したキーワードの効果測定の方法も学ぶことができます。


また、その内容は古い情報ですが、現在でも十分参考になると思います。


現在は、グーグルの検索エンジンを使うユーザーがとても多いという状況なので、検索エンジンを使った集客の力が身につくと、ビジネスではとても有利になるということが言えます。


検索エンジンを使った集客の為には、キーワード選定が重要なので、ちょっと古い本ではありますが、こちらの書籍はとてもおすすめということになります。

茨城の段ボール加工で働くには?

段ボールの豆知識

生活のいろんな場面で、何気なく目にしている段ボール。

その始まりは、1856年イギリスで紳士の間で愛用されていたシルクハットの内側に、通気性とクッション性を持たせるために、波型に折って使われたことでした。

のちにアメリカでガラス製品の包装に使われるようになったことで広がりはじめ、今の梱包材としての段ボールに近い形に仕上がったのは、1800年代の終わりごろでした。

 

日本で初めて段ボールがつくられたのは、1900年代に入ってからです。ボール紙に段をつけてつくられたことから、「段ボール」と正式に名前が付きました。

1960年代の高度経済成長期に入ると、テレビや洗濯機、冷蔵庫などの電気製品がどんどん売れるようになり、同時にその梱包材として段ボールもなくてはならない存在になりました。

それから時代のニーズに合わせて様々な段ボールが作られるようになり、今や私たちの生活に欠かすことのできないものとなっています。

 

日本の段ボール生産量は1年間で141憶m2となり、この面積は東京都と神奈川県、埼玉県、千葉県の4つの県都の合計の広さです。

 

また段ボールは、そのほとんどがリサイクルされている、という特徴があります。回収率は95%以上、そして90%以上が、何度も段ボールとして繰り返し利用されています。

 

段ボールがどのように作られているかは、あまり知られていないかもしれません。

最初に製紙工場で「段ボール原紙」という、段ボールの原材料として誕生します。次に段ボール原紙は段ボール工場に運ばれます。そこで3枚の段ボール原紙を張り合わせる、という作業によって、頑丈な「段ボールシート」となります。最後に、製箱の工程を経て、段ボール箱ができあがる、という流れです。

 

茨木の段ボール加工の求人は?

茨城の段ボール加工の求人は、経験や資格がなくても応募できるものが多くなっています。雇用形態は正社員や派遣社員などがあり、勤務時間は2交代制の会社もあります。給与面の違いもありますので、希望に応じて選ぶのがおすすめです。