脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

神社からわかる神戸市の歴史

意外と歴史がある神戸

今でこそスタイリッシュかつモダンな街と知られている、神戸市。歴史を掘り下げると、実は旧石器時代に使われたとされている石器が出土しています。古くから港町として知られており、貿易の拠点地として使われていました。
貿易の中心地だったためか、船に関する神社もあるほど。神戸の歴史は謎の部分も多いですが、神戸市にある神社を探ってみれば意外な発見があるかもしれません。

神戸で最も古い神社

神戸市にある神社で最も古い神社は、灘区にあります。いつどういう形で神社が建てられたのかは、正直わかりません。最も有力な説は201年です。
ある日のこと、神様が来られ「山の木を切って船を作れば幸せが訪れるであろう」と告げられたそうです。神様のお告げ通りに船を作り海原へ繰り出したら、良い方向へと向きました。船は後に、神様へと献上したと言います。関西の沿岸部では、船や海に関する神社が多く配置されています。神戸市灘区にある神社も、何かしら関係があると見て間違いはないでしょう。

有名な神社

神戸市にある神社で外せないのは、中央区にある神社でしょう。縁結びにご利益がある神社として、全国的に有名です。中央区の神社も、実は先程紹介した神社と関係があるのです。神様のお告げで船を作った者は、帰りに別の神様に遭遇。神様は「生田の地に祀ってほしい」と、頼んだそうです。神戸市という名前の、由来になった神社でもあります。
もし神社が別の場所に建てられたら、神戸市は別の名前になっていたかもしれません。

武将と関係している神社

明治になって建てられた神社もあります。先ほど紹介した神社と同じ、中央区にございます。神社は戦国武将と深い縁があります。かつて神戸の街は、血で血を争う場所でした。武将も神戸で倒れ、栄誉ある死を迎えたのです。
栄誉ある死は多くの人の心を突き動かし、神社建立の声は高まりました。人々の声により建てられた神社は、今では神戸市屈指の大人気神社として、知られています。神社ができたのは100年ぐらい前ですが、受け継がれる思いは何百年と続いていました。

熊本で利用できる障害福祉サービス

熊本には障害福祉サービスがある!

熊本では、色々な障害福祉サービスがあります。うまく利用すれば、生活はかなり楽になるでしょう。
ではどういった障害福祉サービスがすすめられているのか、探ってみました。

有料の郵送サービス

まずは有料の輸送サービスです。買い物をするには、とてつもない労力が必要になります。公共交通機関が発達している場所であっても、十分なサポートが受けられるとは限りません。そこで有料の輸送サービスです。運営が認めたNPO法人が、自動車を使って輸送サービスを行います。
利用できるのは、要介護認定を受けている方が対象。要介護3~5に認定されているのが条件。でも認定を受けていない人であっても、公共交通機関の利用が厳しい人であれば利用できる可能性があります。身体障害者だけでなく、知的障害の方も利用可能。利用するには、登録事業所に連絡・相談した上で手続きを進めます。手続きが済めば、あとは予約を入れるだけ。輸送サービスは病院の通院だけでなく、買い物にも使えます。

ゴミ収集サービス

熊本では、ゴミ出しが難しい人を対象に玄関までゴミを収集してくれるサービスをすすめています。ゴミ収集日は予め決められた日に、おこなわれます。万が一対応がない場合は、緊急連絡先に連絡が届くでしょう。
利用方法は、熊本市のウェブページから申請書をダウンロード。介護保険被保険者のコピーや、身体障害者手帳の写しなどを添付。手続きが完了したら、市から訪問調査が来るでしょう。審査を受けて合格したら、ゴミ収集サービス利用の開始です。

優待証サービス

熊本にお住まいであれば、優待証を持っていることと思います。基本的には70歳以上が対象ですが、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを所有している人なら、持つことはできます。
優待カードを持っているのなら、熊本にあるプール・トレーニングルーム・競技場などの入場料が無料。また電車や市電などが、割引料金で利用できます。もしまだ手にしていないのなら、役所まで問い合わせて下さい。

群馬県はおせんべいの生産量が多い?意外な結果の群馬県

群馬県はおせんべいの知名度が意外と高い県です。
ねぎをつかったおせんべいや様々な種類の入ったあられなど、東京や関東近郊にお住まいの方なら一度は見かけたり、食べたりしたことがあるでしょう。
こういったおせんべいがあるので群馬県はおせんべい王国といえるはずですが、実際はどうなのでしょうか。
今回はその点にフォーカスして解説していきます。

群馬県のおせんべい消費量は全国トップクラス!

群馬県はおせんべい王国です。
その理由として、群馬県のおせんべい消費量は全国トップクラスなのです。
総務省統計局「家計調査」総務省統計局「小売物価統計調査」によると、群馬県のおせんべい消費量は全国第三位です。
これは一位の栃木県や二位の茨城県に肉薄する結果で、毎年2.4㎏を超えるおせんべいが消費されています。
この数値は最下位の沖縄県や46位の愛媛県の倍以上の消費量であり、いかに消費量が多いかがわかるのではないでしょうか。

ただ、消費金額としては、全国で12位という結果になっています。
つまり、比較的安価なおせんべいをたくさん食べているという結果が出ているのです。
たくさん食べてはいるけど、大手の比較的お手頃な価格のおせんべいをたくさん食べているというのが群馬県のおせんべい事情といえるでしょう。

比例して群馬県のおせんべい生産量も多い?

このように消費量の多い群馬県のおせんべい事情ですが、その量は多いのでしょうか。
結論をいえば、35位です。
どうしても小規模なおせんべいの製造場所が多く、大手や会社単位でおせんべいを生産しているところはそこまで多くありません。
さらに群馬県の消費も高級なおせんべいではなく、大手の製菓会社が製造する比較的お買い得なおせんべいなので、小規模の高級なおせんべいがそこまで消費されないという事実もあります。
こういった背景から、消費量は多いけれど、生産量はそこまでないといった状況が現実です。
ただ、下位9県はおせんべいの生産量が計測不能に近いくらい少ないので、そういったことを考えると生産しているだけでも比較的多いといえるのではないでしょうか。

アクセスの良いお店を利用する

犬好きの方はかわいらしい子犬から成長を見守りたいという方も多いことと思います。
大分で子犬を探すには、チェーン展開しているペットショップも多くありますので、1店舗で理想の子犬が見つからなかった場合でも相談を通じて希望の子犬を見つけられることもあります。
大切な家族の一員に妥協したくない方も多いでしょうから、積極的に希望を伝えて探してもらうのも良いですね。

アクセスの良いお店を利用する

理想とするかわいい子犬を見つけるためには、ペットショップに頻繁に足を運ぶことも必要です。

1回の来店で見つけられればそれに超したことはありませんが、なかなか見つけられないといった方がほとんどです。
また、子犬を購入したショップではより多くのことを相談しやすくなりますので、子犬探しはアクセスの良いお店を中心にするのがオススメです。

量販店で探すのは良くない?

最近はショッピングモールや大型量販店でもペットを扱うことが増えていますね。
このようなお店では販売がメインで、アフターサービスが不十分となっている場合があるので注意が必要です。
ですが、量販店でも理想のかわいい子犬に巡り会う可能性もあるでしょう。
そのような場合には、子犬に関連したサービスの有無、または提携している店舗などを確認することが大切です。
成長に伴って様々な悩みが出てくることもありますので、購入後のサービスについても検討しておきましょう。

保護犬を引き取るのも○

保護犬として引き取られる子犬も実は大変多いんです。
ペットショップでは自分が購入しなくても他の方が大切に育ててくれる可能性が高いですが、保護犬は引き取り手がいなければ処分されてしまうこともあります。
このような面から保護犬を引き取って育てるといった愛犬家の方も多くいます。
保護犬を扱っている施設では、育て方の注意点を学ぶこともでき、また相談などにも対応してもらえます。
大分にもこのような施設がありますので、あなたの手で子犬をすくってあげるのも良いですね。

渋谷区で居宅介護を受けるには?

渋谷区といえば、若者の街渋谷というイメージがあります。
しかし、単独でも中核市並みの人口を誇る渋谷区は居宅介護支援のサービスが必要な高齢者もたくさんいるのです。
今回は、渋谷区の居宅介護をテーマに事業所はどのようなところがあるかなどを中心に解説していきます。

渋谷区も居宅介護支援事業所のニーズは多い

渋谷区といえば、流行の最先端、IT企業が多いなど若いエリアのイメージがあります。
しかし、人口が24万人を超える渋谷区は他の中核市同様、高齢者も一定数いるのです。
そのため、ケアマネージャーが運営する居宅介護支援事業所のニーズも多く、区の介護保険課介護給付係が監督する中で居宅介護事業所が事業を展開しています。
さらに都営住宅を中心に高齢化が進展しており、渋谷区の居宅介護支援は、それらの住宅に住む高齢者も積極的に対応している状況です。
また、いずれの都営住宅も50年以上を経過しており、初期に入居した方の中では、古い形式で建設されたこれらの住宅で不便な生活をしている方も多く、そういった方々を支援する意味でも渋谷区の居宅介護支援は重要な役割をはたしているといえるでしょう。

・渋谷区では居宅介護支援事業所はどのようなところがあるのか
渋谷区の居宅介護支援事業所は、地方都市にみられるような傾向とは若干異なります。
確かに個人経営の居宅介護支援事業所や介護専門の企業が運営する居宅介護支援事業所、医療機関が運営するところ等地方都市にもある運営形態のものが少なくありません。

しかし、渋谷の場合は生命保険会社や掃除の会社などの介護分野とは直接関係ない企業が居宅介護支援事業に参入しています。
これは地方都市にはあまり見られない傾向といえるでしょう。

このように渋谷区の居宅介護支援事業所は、こういった傾向があり、さらに数も同規模の中核市よりも多い傾向にあります。
つまり、渋谷区で居宅介護支援を受ける場合は、同規模の都市よりも選択肢が多いということを意味します。

何かを身につけよう。来るべき日に備えて。

釣りバカ日誌と言う漫画の中で課長が部下を集めた酒席で「仕事が好きな奴なんていないさ!」と部下を諭すシーンがあります。


これは大部分のサラリーマンの方の同意を得られるのではないでしょうか?

 

組織の中で働くというのは「自分の思うようにはならない」ことがほとんどですから

 

仕事とは面白くない物なのか?

第一次産業である農業、漁業などをしている方に聞くと「面白いとか面白くないとか考えた事はないなぁ、ただ、俺にはこれしか出来ねぇから、これをやるしか無いんだわ」という答えが大部分なのです。


明確に「すぐにでも辞めたい」という方は、まずいないのです。


そしてそういった仕事に携わっている方は歳をとっても元気で生涯、現役という方がほとんどです。

 

サラリーマンの定年後に待っているもの

サラリーマンの方は定年を迎えると「する事」が無くなります。


準備周到な方はしっかりと経済的には困らないようにしていらっしゃるかもしれません。


女性は家事があるので「する事」が無くなるということはないのですが、男性は報酬を伴わず社会性の低い物は仕事と感じられず家事を仕事と捉えるのは難しいのです。


そして「する事がない」という状態は非常に苦しいことで、精神的におかしくなってしまう男性、60代で早くも認知症を発症してしまう男性は多いのです。

 

仕事を面白く、楽しいものにすることは可能

話は変わりますが学生時代に文化祭で模擬店などを出してお金を稼いだ経験はありませんか? 

 

そして、それが予想以上に面白く楽しいことであった思い出はありませんか?

 

文化祭の模擬店だって立派な仕事です。


物を売ってお金をもらい利益を得るのですから。


サラリーマン時代に得た「仕事とは面白くないもの、苦しいもの」という概念は実は、あなたがサラリーマンで毎朝、決まった時間に電車に乗り、思い通りにならない仕事をしているから思うことなのです。


仕事を楽しく、かつ面白くやることは十分に可能なことなのです。

 

まとめ

実は男性には仕事は精神衛生上、必要不可欠なものなのです。


ですが、仕事で報酬を得るには仕事をした結果が世の中に通用するレベルでないとダメです。


ですので、今から何かを極めプロとして通用するレベルにまで腕を上げ「生涯、現役」で働ける道を切り開いておくことをお勧めします。


それが「たい焼き作り」であっても構いません。


「何か」を身につけておきましょう。


それはきっとあなたの人生を豊かにし、ボケを遅らせ、ひいては家族円満にもつながることなのです。

登録販売者とは、どんな資格なのか

「何か手に職をつけるために資格をとりたい」と思っていませんか。

 

でも、いろんな資格があって迷ってしまいますよね。

 

そんなあなたにオススメなのが登録販売者です。

 

国家資格で独占業務もあるのに勉強のハードルが低い登録販売者について、ご紹介します。

 

登録販売者はどんな資格?

登録販売者とは、すなわち医薬品を売るために必要な国家資格です。


医薬品を取り扱うイメージが強いのは薬剤師ですよね。


でも、医薬品には医療用と一般用の2種類があり、一般用医薬品はドラッグストア等でも販売されています。


「一般用医薬品の第2類・第3類を販売するときに立ち会わなければならない」のが登録販売者です。


この独占業務があることによって登録販売者は大変需要のある国家資格となっています。

 

登録販売者の受験資格は?

昔は実務経験等がないと受験資格はありませんでしたが、今は法改正されて誰でも受験することができます(ただし、薬物依存症など一定の条件に引っかかると免許の取得ができません)。


そのため、行政書士や危険物取扱者のように小学生でも受験して合格なんてことが可能です。

 

どのくらい勉強する必要がある?

登録販売者に合格するためには平均400時間は勉強する必要があると言われています。


ただし、これは予備知識がなかった場合です。


資格の内容は生物学と結びつきが強く、高校や大学で生物学に関わってきた人はかなり楽になります。


私の大学での専攻は栄養学で3年次で受験したとき、勉強を始めて1ヵ月で安定して合格点をとれるようになりました。


1日2時間ほど勉強時間を確保していたので、約60時間で十分でした。


登録販売者は専門用語が多く、生物学を前提とした理解を求められるため400時間くらいはまとまった時間が必要です。

 

登録販売者の勉強の内容は?

基本的には丸暗記といって差し支えありません。


文系と相性がよく、文系の大学生にとても人気があります。


基本的な生物学(生理学)、簡単な薬理学、代表的な一般用医薬品、そして法律です。


とくに勉強しにくいと言われるのが法律ですが、短期集中の一夜漬けで問題ない暗記量です。

 

登録販売者の勉強方法は?

丸暗記ではありますが、少しコツがあります。


初めて見るような専門用語がとにかく多いので、雑誌を読むような感覚でテキストをペラペラめくりましょう。


膨大な専門用語を「見たことがある単語」にするのです。


そして自分が理解しやすそうなところから、しっかりと勉強していきます。


さらに、とにかくドラッグストアに足を運んでください。


登録販売者に関しては、知識を五感に叩き込むことが最大の勉強になります。

 

登録販売者を取得した感想

一般用医薬品を販売する独占業務があり、すでにもっている知識が活かせる登録販売者はとっつきやすく価値のある国家資格でした。


また、日常生活で利用することが多い一般用医薬品の知識があることがとても役立ちます。


とくに役立ったと感じたのが病院で診療面接するとき、医師に薬のことで相談するのが大変スムーズになりました。


一度合格したら更新の必要もなく、ずっと有効なので誰でも挑戦してみてほしい資格です。