脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

トラブルを未然に防ぐ家屋調査

マンション建設や公共工事などでは事前に家屋調査が行われます。

似たような名称で土地家屋調査士がありますが、こちらは不動産登記に伴う土地や家屋の状態を調査する仕事で、家屋調査は工事に伴い、現場近隣の建物などを調査する業務です。

広島で家屋調査業務を営む会社では、公共工事、民間工事に関わらず、工事による周辺への影響を調査しています。

事前調査と事後調査で近隣住民とのトラブルを未然に防ぐ

家屋調査業務は工事を始める前と工事完了後の2回調査を行い、変化を調べます。

亀裂がある場合にはその長さ、深さなど細かく計測して写真に残しておきます。

事後調査で計測した亀裂と比較して、工事の影響の有無を確かめることができます。

工事現場では近隣に影響が出ないように最善の工法を行いますが、それでも影響を及ぼしてしまうことがあります。

事前調査と事後調査で写真とともに状況を記録しておけば、補償についても明確に示すことができ、近隣との余計なトラブルを避けることができます。

家屋調査は建物だけではなく、塀やカーポートなど外構部分も全て調査を行います。

居住者の同意を得られれば建物内部のすべての間取りについても調査を行います。

信頼のおける家屋調査でトラブルを防ぐことができるのです。

 

賃貸の種類色々!

賃貸は不動産物件だけじゃない

「賃貸」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、不動産物件です。アパート・マンション・一軒家の賃貸もあります。物件の購入はものすごいお金がかかりますが、賃貸となったらそこまでの費用は必要ありません。
しかし賃貸は、何も不動産物件だけとは限りらないのです。そこで巷にあふれる「賃貸」について、まとめてみました。

賃貸倉庫

倉庫を賃貸で利用することができます。もっと大雑把に言えば「貸倉庫」です。家の中に物が溢れまくっているのならば、利用しない手はありません。家の中がスッキリすれば、快適に過ごせます。また万が一の場合の保管庫としても、重宝するでしょう。
日本は災害が多く、毎年甚大な被害が出ています。いつどういう形で、災害に遭うかは変わりません。そこで貸倉庫で食料や生活に欠かせないアイテムを保管すれば、万が一の時にも使えるでしょう。後で慌てないためにも、ぜひ利用したいものです。

賃貸工場

工場の賃貸もできます。工場をゼロから作るのは、時間とお金がかかります。ちょっとした機械を揃えるだけでも、安く見積もっても何百万円単位です。銀行から借入ができるのなら何とかなるでしょうが、首を縦に振ってくれる銀行は中々見つかりません。
また何かあった時に、移転しやすいのも貸工場のメリットです。工場経営が軌道に乗ったら、別製品の制作を承ることもあるでしょう。建て直しするよりも、他の貸工場に移ったほうが効率的です。

車輌賃貸

車輌賃貸も可能です。車を借りるだけというのならば、レンタルやリースを使う手もあるでしょう。レンタルやリースも確かに便利ではありますが、他人の車になるので束縛はされます。車輌賃貸も広い目で見ると「他人の車」にはなるものの、レンタルやリースと比べると自由度が高いです。
例えばナンバープレートは、個人の自由に設定可能。過失でない限りは、万が一事故に遭っても対応してくれます。取り扱っている業者は少ないものの、千葉で車両賃貸を承っている会社を見つけることができました。車の入手を検討しているのなら、利用しない手はありません。

埼玉で浄化槽を使用する際の注意点

埼玉では3つの作業が義務付けられています!

埼玉では浄化槽維持管理には、保守点検・清掃・法定検査の3つを進めなければいけません。検査手数料は10人槽以下ならば、5,000円~1万3,000円かかります。さらに検査回数についても、厳密に決められているのです。
保守点検とは浄化槽が故障しているかどうか、故障していたら簡単な修理をすすめます。浄化槽を設置して使用する前には、必ず保守点検を受けなければいけません。清掃は浄化槽に溜まった泥を取り除く作業です。年に1回清掃するように、義務付けられています。

法定検査について

面倒なのは法定検査です。冒頭に紹介した、保守点検と清掃がきっちり行われているかどうかを見るものです。法定検査には設置後3ヶ月~5ヶ月の間に検査する「設置後の水質に関する検査」と、毎年1回検査する「定期水質検査」の2種類に分けられます。
清掃・保守点検・法定検査を受けるのは、法律で決まっています。業者の中には「必要がない」と言ってくる所もございますが、真っ赤な嘘です。

検査はどこに頼めばいいですか?

検査機関に関しては、埼玉県のウェブページにしっかり記載されています。浄化槽がある地域を承っている業者に、検査を頼むようにしましょう。なお10人槽以下の浄化槽を使用しているのなら、指定採水員制度が便利です。指定検査機関が指定した指定採水員が、法定検査の補助作業を承ってくれます。
なお指定採水員には、公的機関が発行した腕章と身分証明書を常に携帯。腕章がない人が検査に訪れたら、何かよろしくないことがあると見て間違いないでしょう。

些細なことで浄化槽維持管理は可能

浄化槽維持管理には、検査が必要です。しかし普段気をつけて使っていれば、トラブルは抑えることは可能です。例えばトイレ掃除には、塩酸などの薬品を使わないように注意。またトイレには、トイレットペーパー以外のものを流さないようにします。また料理に使った油は古紙に染み込ませて、可燃ごみとして処理します。
事細かいことを述べてしまいましたが、小さいことの積み重ね浄化槽維持管理に繋がるのです。

新入社員は挨拶が肝心

4年生大学卒業後、大手企業に就職し、自分の力不足で社内の雰囲気が悪くなり
心身ともに落ちこんだ苦しい時期がありました。

 

それは、学生気分が残っていて、バイトの延長だと思っていたから。

 

意識を変えるだけで、社内の雰囲気も良くなり、個人の実績も変わるので、是非ご覧ください。

 

「挨拶」の質を変える。

私は学生の頃、バイトを掛け持ち、日雇いなどの派遣会社にも努め、多くの会社に携わってきました。

 

そうなると、社会人として周りの学生とは1歩前に出ている気持ちが強く、増してや、仕事内でもバイトリーダーという上のクラスにいたので天狗になっていたのです。

 

そこからいざ卒業し、就職となると、「自分は仕事が出来る」と勘違いをしていて、必ず失敗します。

 

最初に失敗したのが、「挨拶」です。
自己紹介から挨拶まで入社すると誰でも出来るとは思います。
しかし問題がその次です。

 

色んな性格の人がいます。
違う部署に行って、あなたは1人1人に目を見て自己紹介から挨拶までできますか?
私はできませんでした。
結果違う部署で「あいつは礼儀がなっていない」となり、悪い噂が流れるのです。

 

「挨拶」の意識は絶対変えられます。

それは声のトーンを上げて、相手の目を見て、笑顔でやること。

一見、誰にでも出来ることかもしれませんが、実は基本ほど難しいものはないと思います。

 

新入社員は多いなか、他と差をつけるなら、まず「挨拶」を変えないと競争激しい社会では勝ち抜けません。

 

頭に思い浮かべてください。
あなたの挨拶はその人よりも最高の笑顔で、最高の挨拶、そして気の利いた自己紹介ができますか?
印象づくりは大切です。

 

笑顔が苦手な方は、家を出る前に鏡の前で顔が痛くなるまで笑顔を作ってから出てください。

 

そして、自己紹介は1日中考えて出来た最高のものを手帳に書いてください。
それだけでも「挨拶」の質は絶対変わります。

 

まとめ

目上の方が多い社会に対し、新入社員はよく見られます。

第一印象はどういう人か、この人とうまくやっていけるのか、入社したら全員が採用面接官だと思ってもいいくらいです。

 

バイトでやっていた「お疲れ様です」はほぼ通用しないでしょう。

「〇〇さん、今日もお疲れさまでした!勉強になり日々成長できています!明日もよろしくお願いします!」
ここまでが「挨拶」なのかなと、私は思います。

 

出勤前に鏡を見る癖付け。
手帳に自己紹介文を書く。

実践してみてください。

障がい福祉について調べてみた

無関係じゃない福祉

五体満足の身であっても、いつどこで障がい福祉の世話になるかはわかりません。仮に自分自身に何もなくても、身内や友人がお世話になることも十分に考えられます。
普段はあまり気にもとめない障がい福祉。あとになって「知らない」では遅すぎます。そこで少しだけ、障がい福祉について勉強してみました。

国が目指しているもの

国が目指しているのは、どんな人でも普通に暮らせる社会。足が不自由な人でも、手が不自由な人でも普通に生活できる社会です。国が進めているのは、法律の見直しです。グループホームやケアホームを利用するさいに、補助が受けられる制度を設けているとのことでした。
他にも障害手当や健康対策など、色々と着手。小難しい話がてんこ盛りで、全て理解できたとは言えません。でも国も動いてくれているという事実だけは、肝に銘じておきたいものです。

理想は簡単で現実は過酷

国が目指している社会を実現させるのは、簡単ではないでしょう。まずは働くことです。「障がい者に働かせるのか」という怒りの声もあるでしょうが、どういう形であれ社会の参加は必要不可欠。「障害者様」と崇め奉り、何もさせない方がかなり酷い扱いです。今はしっかりとしたサポートが受けられますが、いつまでも続く訳ではありません。万が一1人になった時に何もできないとあっては、それこそ酷な話です。
色々意見があるのは重々承知の上。でも障がいがあろうがなかろうが、生き抜く力は必要不可欠。生き抜く力を身につけることこそが、平等への第一歩です。

就労継続支援について

そこで障がい福祉の一環として進めているのが、就労継続支援です。超絶大雑把に述べると、一般の会社で働くのが難しい人達のために開かれた職場です。サポート体制が整っているので、安心です。
就労継続支援は全国各地にあり、栃木にも障がい福祉施設がいくつかあります。施設で得られる給金は、一般の会社と比べると雀の涙ほど。お世辞にも高い給金がもらえるわけではないものの、自信にはなるでしょう。またスキルも身につくので、社会復帰にも役立ちます。

「絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理」

f:id:hatehate0204:20210729140340j:plain


コロナ時代において、体調管理が大切なことは言うまでもありません。


世界的にみてもマスク着用率の高さなど、日本人のウイルスに対する考え方の他国との違いが報じられています。


そんな時代において、いやコロナが流行する前の時代から医師の方はウイルスと隣合わせで生活している方も多いと思います。


そんな方々から、人と会う機会の多い私自身の自己管理を勉強しようと購入しました。

 

体調管理の3つの柱について

著者である医師が30年間勤めて、ほとんど風邪をひいていないという文からスタートします。

そして、体調管理の柱である3つの重要な要素について書かれています。

①体調を崩す最大の原因である風邪・インフルエンザを予防する
②食事など生活習慣を整えて「体調を崩さない基礎体力をつける」
③睡眠不足や運動不足など「不調のトリガー」を取り除く

この3つの具体的な方法がまとめられており、その理由の理解しやすく内容も細かすぎず非常に読みやすいです。

 

私に響いた科学的根拠

日常で口にするお茶1つをとってもどのお茶が、どういう成分が入っているから良いといった形で科学的根拠に基づいた内容になっています。

小さい頃から理由は知らないけど、これは体に良いとだけ覚えていたような日常口にするものについても成分のことなど根拠が書かれて説得力があります。


睡眠不足や運動不足についても同じように、体への影響をわかりやすく数値などを提示して書かれています。

科学的根拠は、左脳で理解しやすい為、この本を読んだ後に今までの睡眠のとり方や運動の仕方について見直しました。


根拠に基づいた行動習慣を実際に体でやってみると、さらに理解が深まり自信につながってきます。

小さい事でも、今自分が良い事をしている、体調管理に敏感になっていると自覚できることが重要です。


この本にかかれていることは、日常で必ずやる気があればできる簡単なことが書かれている分1つできたら次の目標を決めてすすめていけます。

 

まとめ

わかっているけどできない身体にいいこと。

でもこの本を読もうと思っている方は、体調管理への意識が高い方ですよね。


仕事なら場合によっては能力、経験等の差がありまねをすることは難しい場面があります。

しかし、体調管理はどんな方でもできることです。


30年間ほとんど風邪をひかず、いろんな患者さんを助けてきた方から、シンプルな考え方と簡単な習慣を教えてもらいとても良かったです。

学生さん、主婦さん、ビジネスマン立場は違えどみんなそれぞれ忙しい日々を過ごしていると思いますが、一休みしてこちらの本を是非ご覧になってみてください。

【茨城の倉庫探し】古河で貸し倉庫を探すポイントを紹介!

茨城県で倉庫を探す場合、古河市で探すケースが少なくありません。
茨城県にはつくば市や日立市、県庁所在地である水戸市があるのに、なぜ古賀市なのでしょうか。
今回、そんな理由について解説するため、古河市とはどんなところなのか、古河市で探すならどこが良いのかについて紹介します。

倉庫を借りるのに適した古河市とは?

古河市は人口約13万8,000人の地方都市です。
茨城県の西端に位置し、県西地域に分類される地域で、同地域最大の都市でもあります。
そういった背景から、近隣の五霞町や境町、結城市といった同県の隣接する自治体とともに古河都市圏を形成しています。
古くは室町時代の有力な統治者である古賀公方が拠点とした地域でもあり、関東の小京都ともいわれている都市です。
確かに人口は多いものの倉庫を借りるのに適している理由は何でしょうか。
次の項目でその理由をお話しします。

都市部へのアクセスが良く倉庫に適した古河

古河が倉庫を借りるのに適しているのは、工業地区があることや地理的に便利な地域という点です。
古河市は昭和30年代から工業立地が進み、茨城県でも工業が盛んな地域という特徴があります。
そのため、完成品を保管したり、原材料を管理したりするために倉庫の需要が旺盛で、その分選択肢が多いのがメリットです。
また、地理的にも関東地方の中心部に位置し、南関東や北関東へのアクセスが容易です。
そのため、物流にも有利なエリアとされています。
こういった背景から倉庫に適したエリアであり、借りるのにおすすめといえます。

古河で倉庫を借りるなら国道4号バイパス近くの倉庫がねらい目

古河市で倉庫を借りる場合、国道4号バイパスの近くがおすすめです。
その理由として貸倉庫を提供している企業が多いことやインターチェンジにも近いことが挙げられます。
こういった倉庫の数が多く、アクセスも良い場所で倉庫を借りるのは有効な選択肢といえるでしょう。
古河で倉庫を借りるなら、この点を目安に検討してみてはいかがでしょうか。