脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

暮らしに欠かせない電気設備設計

普段何気なく使っている電気設備ですが、人々が生活するうえで欠かすことができないものです。

茨城で電気設備工事を手掛ける会社では、高齢者福祉施設や保育園・学校などの教育施設、医療施設や公共施設などの屋内電気設備の設計・施工を行っています。

公共の施設での電気トラブルは多大な損害を生む可能性があるので、豊富な実績があり、信頼性の高い企業に依頼されるのですね。

電気設備設計

電気設備とは電気を作り、送って、使うための設備です。

電気を作り(発電)、送る(送電)設備は、主に電力会社が行っています。

一般的に電気設備会社で行う仕事は、送られてきた電気を屋内で使うための設備を整えることです。

建造物の施工様式や構造に沿って、効率よく電気を使うために照明設備やスイッチなどの配線を設計します。

安全性はもちろん、設置コスト、省エネやランニングコストまで考慮した設計が望まれます。

空調設備設計

建造物の電気設備設計を行う時には、空調設備設計も同時に行われます。

茨城の電気設備工事の会社でも、空調設備設計施工も事業の一つとなっています。

建物内の温度・湿度・気流などの空気環境を作る空調設備。

快適性と省エネを実現できる空調設備設計を行っています。

警備の仕事について

警備員の仕事は大変

警備員の仕事は、一言では言えません。仕事の種類は数多く、簡単に説明できないからです。基本的な業務としては、人の安全を守ることです。
例えば交通警備誘導員。道路工事や建設現場に立ち、歩行者の安全を守るのが主な仕事です。「工事中」の看板を立てれば済む話と思われるでしょうが、ことは簡単ではありません。好奇心が湧き出て面白がって工事現場に迷い込めばどうなるのか、考えるだけでも恐ろしいものです。でも警備員がいるだけで、かなり変わります。

警備員と守衛の違いは?

警備員と似たような仕事で、守衛がございます。警備と守衛の違いは、契約関係によるものです。警備をおこなうのは警備会社であり、施設を運営している会社とは別です。例えば会社の警備の場合、警備にあたるのは外部の会社というわけです。
守衛は、必ずしも警備会社が務めているとは限らない点です。警備は法律に従い職務を勧めますが、守衛に関する法律は特に定められていません。外部に頼む必要もないため、守衛にあたるのは警備対象の関係者ということになるでしょう。

警備員の条件

警備員になるには、18歳以上で責任感を持つことです。警備員は人を守るための仕事なので、重大な責任感がのしかかります。仕事の失敗は人の命に直結するため、油断はできません。
警備員になるには体格が求められそうなイメージですが、体格に関しては特に気にする必要はないでしょう。ある程度体力は求められるも、格闘や武道の心得がなくても問題ありません。体格よりも求められているのは、仕事に対する責任感です。

警備員は常に募集中!

社会情勢的に就職は厳しい状況ですが、警備員は常に人手不足。豊橋市にある警備会社では、警備スタッフを募集しています。基本的に経験者歓迎ですが、未経験でも責任感があるのなら問題ないでしょう。
警備会社に入れば、新任研修をじっくりおこないます。警備に関するノウハウをしっかり学んだあと、現場で警備員研修を実施。研修が終われば、警備員デビューです。警備員の仕事は大変ですが、やりがいのある仕事です。

食品配送サービスとは?大阪にもある?

食品配送サービスはよく利用されている?

人口の多い地域では食品の消費量も多く、日々、たくさんの食品がいたるところで運ばれています。
その運送サービスを実際によく担っているのが食品配送サービスです。
食べ物や飲み物を専門とする運送サービスは大阪によくありますので、食品の生産や販売、卸売りなどを行っている方は確認しておくといいかもしれません。

食品配送サービスとは?

運送サービスの一種で、その名前の通り食品を中心に扱っています。
運送といえば何でも運べるイメージがあるかもしれませんが、特定の荷物のみ扱っていることが実際には多く、特定の荷物に特化しているサービスもあります。
食品に特化しているのが食品配送サービスで、食べ物や飲み物などを中心として日々運搬しているのです。
地域に流通させたい食品がある事業者の方などにおすすめのサービスです。

大阪ではたとえばどんなサービスがある?

大阪の食品配送といえば、たとえば株式会社藤中商店が行ってる配送サービスがその一例です。
飲料や酒類等を中心に扱っており、業務用酒販店などから地域の飲食店などへ、商品を運送しています。
ルート配送を主としており、日々発生する定期的な商品の供給を実際に担っているサービスです。
大阪府内を配送エリアにしており、さまざまなお店へと日々飲み物などを送れます。
このように特定の食品に限定した運送サービスも地域でよく行われているのです。

利用はどうやってする?

利用方法はそれぞれの食品配送サービスで変わるものの、そのサービスを行っている事業者まで連絡するのが一般的です。
たとえば先の藤中商店の場合、配送を依頼したい際は連絡先の番号や問い合わせフォームにてコンタクトを取ります。
大阪府内を基本的なエリアとし、そのなかでどこに何を運ぶのか、相談してください。
このようにコンタクトを取ってその都度相談できますので、気軽に問い合わせてみるといいでしょう。

食品配送サービスを利用して事業を円滑に

食品を専門とするサービスに依頼すれば、自社や自店からの出荷品をスムーズに取引先へと届けられます。
大阪でなら依頼先も見つかりやすいですから、必要があればぜひ探してみてください。

 

スマートホームとは?広島でも利用できるの?

最新の住宅で新しい暮らしを

技術の進歩は住宅にも及んでおり、最近ではスマートホームと呼ばれる新しい住居が登場しています。
住居全体ではなく、そこに導入されているシステムを指す場合もありますが、いずれにしても従来の住宅にはない近未来的な住み心地があります。
広島でもスマートホームを扱う不動産がありますので、地方の方もぜひご注目ください。

スマートホームとは

住まいの設備にIoTやAIを導入しており、これまでは人力に頼らざるを得なかった行為を自動化できたり、専門のサービスを使わないと受け取れなかった警報などを個人でも簡単に受け取れたりします。
たとえばお部屋の照明やエアコンのスイッチをスマホのGPSと連動させ、持ち主が一定の範囲まで自宅に近づいたら自動で照明が付いたり、冷暖房を入れたりできるのです。
帰宅時にはすでにお部屋には照明がつき、空調もすでに効き始めていますから、帰宅してからスイッチを入れるよりも効率的です。
防犯設備に使った例には、不在時にドアや窓が開けられると持ち主のスマホまで自動で警報が送られるシステムなどがあります。
セキュリティの専門業者と契約しなくても同等のセキュリティを敷け、安全になります。
このようにIoTやAIを活用し、数々のシステムが自動で可動する家やそのシステムのことをスマートホームと呼びます。

広島でもスマートホームって利用できるの?

スマートホームはまだ登場して間もなく、扱う不動産会社もあまり多くありませんが、広島ではたとえば「株式会社アイエヌジー」が扱っています。
不動産の売買や管理、仲介などのほか、建売住宅や分譲マンション用地、店舗建貸の企画など、さまざまな不動産のサービスを提供している地元の不動産会社です。
大手の会社のように関係者が多数いるわけではなく、少数精鋭を基本としており、スピード感を重視してサービスをおこなっていますから、スピーディに不動産を探したいときには向いている会社となるでしょう。

最新のシステムを利用して毎日の暮らしを快適に

スマートホームはまだ例は少ないのですが、すでにこのような住居を活用して便利に暮らしている方もおられます。
ご興味のある方は、扱いのある不動産会社まで相談されてはいかがでしょうか。

 

海外進出支援企業は増加傾向にある

たくさんある支援企業の中から選ぶ方法

現在海外進出の支援を行っている企業はどんどん増加しています。
たくさん存在しているということは、この中からどこの企業に支援してもらえばよいのか迷ってしまうこともあります。

そんなときにはどのようにして選ぶのかというと、やはりたくさんある支援企業をある程度ピックアップし、よく比較をしてから選ぶのがよいでしょう。
重要なのはどのような企業をピックアップするのか、どこを比較するのかという点ですが、やはり料金、実績、支援が行える国の3点は必ず比較をしておきましょう。

できれば実際に利用した人の体験談や口コミも確認するとよいのですが、海外進出に関する体験談や口コミはそう多くあるわけではありません。
そのため、問い合わせをしたときの対応やおすすめポイントなども比較をしておくとよいでしょう。

おすすめポイントは多ければよいわけではなく、自分が支援をしてもらう上で、よりメリットが多い内容をおすすめしている企業を選ぶべきです。
問い合わせをしたときも、きちんとこちらの質問に答えてくれており、言葉遣いや対応方法に問題がないところを選びましょう。

中国進出を検討するのにおすすめの会社

海外進出をする場合、どこの国に進出をするのかも重要になります。
物価が安くて人口が多く、市場の拡大が見込めるとして、中国へ進出したい企業も多いのですが、そんなときには株式会社シーズ・プラスに相談をしてみてはいかがでしょうか。

株式会社シーズ・プラスでは、中国への進出をメインにサポートしていますし、独自のネットワークも確立されているので、安心して任せられます。
よくわからない点や気になる点もいろいろとあるでしょうが、そんなときには気軽に相談をしましょう。

まずはメールで問い合わせを行い、サポートを依頼したいと思ったら打ち合わせを行います。
打ち合わせ後に見積もりを出してくれるので、見積もりの金額で問題ないと思ったら、実際に依頼をしてきっちりとサポートをしてもらいましょう。

通信販売は代行配送で手間いらず

コロナ禍の巣ごもり需要で通信販売は右肩上がりで伸びています。

ECサイトを立ち上げたり、大手ショッピングモールに出店したりして、新規でネット通販を始める会社も増えているようですが、そこでネックとなるのが在庫を保管するための倉庫と、発送業務です。

この問題も配送代行を行っている大阪の会社が解決してくれます。

配送代行とは

商品在庫は配送代行の会社倉庫で保管され、購入された商品は倉庫から直接顧客あてに配送されます。

新たに仕入れた商品も直接倉庫に納品されるので、自社倉庫が必要ありません。

自社では在庫数の管理と商品発注、ネット販売のみに集中して営業活動が行えます。

配送代行のメリット

商品在庫を保管する場所が必要ないので、省スペースで営業することができます。

梱包、発送の業務が必要ないので、作業の手間や人件費の削減にもつながります。

さらに、配送代行会社では運送会社との大口契約を結ぶことができるため、送料も安くなります。

極端なことを言えば、配送代行を利用することにより、一人で自宅で営業している方でも、大型店舗並みの売り上げを上げることが可能となるのです。

ネット通販は今後も需要が拡大していくと予想されます。

配送代行を利用すれば、通販参入の敷居も低くなるのではないでしょうか。

熊本県菊池郡にもある放課後等デイサービスを詳しく知る

放課後等デイサービスのタイプ

放課後等デイサービスは、障害を持っている小学生と中学生、高校生が利用する施設になります。
そんな放課後等デイサービスですが、いくつかのタイプに分けられているのです。

それはプログラムや書道、楽器や運動など、就労することを考えた習い事タイプ、生活に必要な作業を行う以外は、比較的自由に行動が可能な学童タイプ、個人に合わせた療育を行う療育タイプです。
将来普通に仕事がしたいと考えていれば、習い事タイプが適していますし、自由にのびのびとしたいという人は学童タイプがよいでしょう。

しかし、人によってはどうしても療育が必要になることもあるので、このような場合には療育タイプとなります。
自分が通う放課後等デイサービスの施設がどのようなタイプなのかを知っておくことも重要なので、事前に確認をしておきましょう。

熊本にはどのような放課後等デイサービス施設があるのか

熊本にも多数の放課後等デイサービスを行っている施設があります。
タイプもいろいろとあるのですが、重要になるのは自分が住んでいるエリアに対応していることと、利用できる時間帯です。

その他にも先ほど紹介したどのタイプなのかを知っておくとよいでしょう。
ちなみに熊本県菊池郡菊陽町にあるNPO法人チャイルドサポートきくち こども発育支援センターえるぴあは、その人のライフステージに合わせた最適な療育を行っています。

よってNPO法人チャイルドサポートきくち こども発育支援センターえるぴあは療育タイプの放課後等デイサービスになるのです。
生活の向上や社会性の確立を目指していろいろな教育を行っている反面、その人のニーズに合わせて対応しているので、放課後の生活も楽しくなります。

このように放課後等デイサービスにはいろいろとタイプが存在しているので、子供に最適な施設を選ぶことも重要です。
不明なことや不安なことがあれば、利用前でも利用中でも相談に乗ってもらえるので、気軽に話をしてみましょう。