脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

茨城の段ボール加工で働くには?

段ボールの豆知識

生活のいろんな場面で、何気なく目にしている段ボール。

その始まりは、1856年イギリスで紳士の間で愛用されていたシルクハットの内側に、通気性とクッション性を持たせるために、波型に折って使われたことでした。

のちにアメリカでガラス製品の包装に使われるようになったことで広がりはじめ、今の梱包材としての段ボールに近い形に仕上がったのは、1800年代の終わりごろでした。

 

日本で初めて段ボールがつくられたのは、1900年代に入ってからです。ボール紙に段をつけてつくられたことから、「段ボール」と正式に名前が付きました。

1960年代の高度経済成長期に入ると、テレビや洗濯機、冷蔵庫などの電気製品がどんどん売れるようになり、同時にその梱包材として段ボールもなくてはならない存在になりました。

それから時代のニーズに合わせて様々な段ボールが作られるようになり、今や私たちの生活に欠かすことのできないものとなっています。

 

日本の段ボール生産量は1年間で141憶m2となり、この面積は東京都と神奈川県、埼玉県、千葉県の4つの県都の合計の広さです。

 

また段ボールは、そのほとんどがリサイクルされている、という特徴があります。回収率は95%以上、そして90%以上が、何度も段ボールとして繰り返し利用されています。

 

段ボールがどのように作られているかは、あまり知られていないかもしれません。

最初に製紙工場で「段ボール原紙」という、段ボールの原材料として誕生します。次に段ボール原紙は段ボール工場に運ばれます。そこで3枚の段ボール原紙を張り合わせる、という作業によって、頑丈な「段ボールシート」となります。最後に、製箱の工程を経て、段ボール箱ができあがる、という流れです。

 

茨木の段ボール加工の求人は?

茨城の段ボール加工の求人は、経験や資格がなくても応募できるものが多くなっています。雇用形態は正社員や派遣社員などがあり、勤務時間は2交代制の会社もあります。給与面の違いもありますので、希望に応じて選ぶのがおすすめです。

手軽に動画が取れるアクションカメラの魅力

最近はスマホの発展によって写真や動画が個人でも簡単に撮影することが可能になりました。

 

また動画撮影に関しては非常にコンパクトなサイズであるアクションカメラも人気になってきており、様々なアクティビティをしながら撮影することができるので、アウトドアが趣味の男性にもおすすめです。

 

アクションカメラは手軽でコンパクトなのが便利

少し前では動画を撮影するにはビデオカメラを使う必要がありましたが、最近では手のひらサイズのアクションカメラがどんどん増えてきており手軽に動画を撮影することが可能になりました。

 

手のひらサイズなので持ち運びが便利という点も魅力ですが、アクションカメラという性質から身体に装着して撮影することができるのでダイナミックな動画を撮れるのも魅力となっています。

 

スポーツやアウトドア用に作られているアクションカメラも多く、中には耐水機能を付けたものもあるのでダイビングをしながら海底の綺麗な魚や海の大自然を撮影することができるのも嬉しい点です。

 

アクション用ということでその他にも耐久性、防塵機能、手ぶれ補正に強いものが多いのも特徴です。

 

綺麗な動画を簡単に撮影してシェアすることも可能

アクションカメラは非常にコンパクトなサイズでありながら、4K動画に対応しているものも多くクオリティを求めている男性にもおすすめです。

 

4kという綺麗でアクションカメラならではのダイナミックな動画を撮影するのはとてもエキサイティングな体験ですが、最近のものは撮影した動画を簡単にSNSでシェアすることも可能です。

 

これは個人で動画を友人に対してシェアするのにも便利ですが、動画配信をする人にもかなり便利な機能となっています。

 

テレビのような綺麗な動画を個人で撮影することが可能であり、さらに値段も5000円から5万円とリーズナブルになっているので1つ持っておくとアウトドアがますます楽しくなりますよ。

 

まとめ

アクションカメラはここ最近どんどん機能がよくなってきており、値段もリーズナブルなことから趣味でアウトドアを楽しむ男性ならば1つ持っておくのをおすすめします。

 

機能を重視する人にはGoPro、コストパフォーマンスを求める人にはDJIブランドのものが人気であり、アウトドアがの用途によって複数使い分ける人もいます。

 

初心者でも気軽に始めやすい値段のものが多く、アクションカメラのレンタルサービスもあるので気になったらぜひ使ってみて欲しいグッズです。

千葉県で見る福祉用具レンタル事業の今後について

千葉県の福祉用具レンタル事業について

全国的に高齢者の数の増加は進んでおり、それに伴って関連する福祉関係の事業所も多くなってきております。
デイサービスや介護保険外サービス事業所など、今まで注目してこなかった事業所が新しく出来てきておりますが、福祉用具についてのレンタル事業も数が多くなってきております。

福祉用具のレンタルは各福祉用具を専門に扱う業者と提携を結んだりすることで福祉用具を揃え、レンタルすることができる事業ですが、それらの道具をレンタルするには介護保険の認定が必要となります。
そのため、すぐにレンタルが可能というわけではありません。
介護保険の認定を受けて計画書を作成した後にようやくレンタルできるので、必要な福祉用具がレンタルできるまではいくつかの過程を経ていかなければならず、ある程度時間がかかることを覚悟しなければなりません。
しかし福祉専門の方々がしっかりと必要な物を体型や用途に合わせて判断し、使い心地なども的確にみていくため、レンタルに時間はかかってもしっかりとアドバイスなどを聞いて待機する必要があるんでしょう。

福祉用具レンタル事業を始めるには

千葉県で福祉用具レンタル事業を始めたいと思った場合、県に介護サービス事業者の指定許可申請が必要となります。
受付には県の窓口があるため、介護予防サービスの追加申請や事業所の目的などを明記の上で書類を用意していきましょう。

また、千葉県では福祉用具の求人を出している事業者も数多くあります。
中には介護資格がなくても就職が可能なところもあり、福祉用具の営業や用具の清掃などを専門に扱う事業所もあるようです。

千葉県全体は広いため、もしも就職が希望の場合は住みたい街をある程度考えてから決めると良いでしょう。
また、今後は福祉用具専門相談員という新たな資格も必要な職場もあるため、そういった専門の資格を持って就職していきましょう。
これからは福祉用具事態も複雑化していくので、こういった専門資格が必要な時代となってきています。
時代に合わせた資格取得も見据えた就職先や仕事について、今後は検討する必要もあるのではないでしょうか。

名古屋市にある障がい者グループホームへ入居できる人物の条件は?施設の特徴もご紹介

愛知県名古屋市は県庁所在地ということもあって人口が多く、2021年の時点で200万人以上の人々が暮らす地域として知られています。また、人口密度が高いため必然的に充実した福祉制度が求められる土地でもあります。近年は障がい者グループホームが各地に設置されるようになり、障がい者の日常生活を支える便利なサービスを利用できる機会が増えています。本記事は障がい者グループホームの特徴や入居条件を解説するとともに、名古屋市が障がい者向けにおこなう施策についても触れていきます。

名古屋にある障がい者グループホームの特徴

名古屋市内で営業する障がい者グループホームは一件だけではありません。複数の事業者が施設を運営しており、障がい者向けサービスを展開しています。グループホームとは、一言で言えば障がいを持つ人物が日常生活・健康管理面の支援を受けつつ共同生活を営む施設です。少人数(一般的には3?4人程度)の障がい者が暮らすため、自立能力を補うとともに他者と関わるコミュニケーション能力を育めるのが特徴でしょう。

障がい者グループホームに入居する条件

障がい者グループホームに入居するには、障がい者総合支援法の規定に該当する人物でなければなりません。入居条件に合致するのは主に身体・精神に問題を抱える人物や知的障害、発達障害を持つ人物が当てはまります。また、場合によっては難病を抱える方でも当てはまることがあります。ただし、グループホームで共同生活を問題なく過ごせる人物であることが前提です。各地に設置された障がい者グループホームによって受け入れ条件はやや異なるため、詳しくは事業運営によってウェブ上に記載された情報や電話相談などをが活用して確認することを推奨します。

障がい者福祉に関する名古屋市の施策は?

名古屋市は日本国内において知名度の高い地域であり、高い人口を誇る100万都市でもあります。そのため、多くの市民が満足して暮らせるように福祉制度が発達しています。障がいを抱える方に向けて障がい者福祉のしおりやバリアフリーマップを配布するのはもちろん、障がい者に配慮ある対応・接し方をするための方法が記載されたガイドブックを作成するなど、地域全体が障がい者を支えるまちづくりを目指していることを見受けられます。グループホームの他にもスポーツセンターや点字を活用した図書館、相談所もあるため、障がい者が暮らしやすい地域と言えるでしょう。

本庄市の塗装工事で業者を依頼する前に知っておきたいこと

工事はどのような流れで行われているのか

塗装工事は塗っているところしか私たちは見たことがありません。
塗装する前の準備が非常に大切です。
あなたや作業をする職人さんの安全を守ります。
すべて業者におまかせしがちになります。
本庄市で塗装工事の業者を依頼する前に知っておくとよいです。
逸脱していれば善し悪しに気づくことができるからです。
安全に作業を行えるための足場を1番に組みます。
2階建て以上の場合は、足場が必要と決められています。
作業しやすく、高いところも塗装工事ができます。
高圧洗浄で壁をきれいにします。
壁が汚れてままだと塗料がキレイに塗れないからです。
塗料が家や他につかないように養生します。
壁のひび割れを治す下地補修に入ります。
数日くらいにかけて下準備が完成します。
屋根や外装の塗装が10日間ぐらい行われます。
一軒家だと全工程2週間くらいの期間を要します。
お住まいのきれいな仕上がりにため息が出ることでしょう。

本庄市の塗装工事はいつ依頼をするとよいのか

新築から10年ごとに塗り替えるとよいとされています。
塗装を行うサインはいくつかあります。
塗料がはげていたり、外壁にひびが入っていたりしているなどです。
塗装を行うのによい時期もあります。
雨や雪が多いシーズンは塗り替えには適していません。春や秋が良いです。
塗料によって耐用年数が変わってきます。
本庄市で塗装工事期間を逃すと住宅が腐食することになってしまいます。
リフォーム費用も大きく負担がかかることになりかねません。
塗装の料金は坪単価か平米単価で計算されます。
業者の見積もりに詳細が記載ところを選びましょう。
工事項目が記載されているところも大切です。
塗料によっても金額が変わります。
仕上がりについては業者の施工例を参考にしてみてください。
無料で相場を出してくれるサイトもあります。
高い材料がいいとも限らないので業者と相談してみてよい方法を選んでください

オーディオブックはじっくり読書する余裕がない男性におすすめ

本を手に持ちじっくり読書する余裕がない男性におすすめなのが、オーディオブックの利用です。


オーディオブックはナレーターや声優が本を朗読してくれるので、耳から情報をキャッチできます。


ビジネスや趣味に活かせるため、今脚光を浴びていますよね。


そんなオーディオブックの魅力と、活用法について解説します。

 

目で文字を追うよりも楽

オーディオブックの魅力は、目で文字を追うよりも楽なところです。


30代を過ぎ40代に突入してくると、文章を読むのが辛く感じますよね。


それは視力の衰えや老眼などの影響を受け始めるからです。


その点オーディオブックは目ではなく耳で情報をキャッチするのでそれほど疲れません。


サーっと聞き流すこともできますから、体への負担が軽いです。


それでいて十分な情報量をキャッチできるので、文章を読むのが辛く感じる男性に特におすすめです。

 

場所を選ばずに利用できる

本を読む場合満員電車の中や運転中はできませんが、オーディオブックは利用する場所を選びません。


たとえ満員電車でも耳さえ空いていればイヤホンをつければ利用できますし、手を使わないので運転中に聞くことも可能です。


働き盛りの中年男性は、落ち着ける場所でゆっくり読書する時間を持てませんよね。


オーディオブックなら場所を選ばないので、とても便利で効率的です。

 

小説を楽しむのにも向いている

オーディオブックはビジネス本で活用されることが多いですが、ビジネス本以外に小説を楽しむのにも向いています。


数々の名作がオーディオブック化されているので、小説を読まずに聞いて楽しむことが可能です。


しかも実力ある人気声優や人気ナレーターが朗読を担当しているため、物語に入り込みやすいです。


「本を読むのが苦手」というタイプの男性でも、オーディオブックなら気軽に小説を楽しめます。

 

audiobook.jp

 

まとめ

じっくり読書する時間と余裕がない男性向けに、オーディオブックについて紹介しました。


オーディオブックの魅力は、耳さえ空いていれば利用できるところです。


耳さえ空いていればOKのため、利用する場所を選びません。


好きなタイミングで気軽に利用できます。


また耳だけしか使わないので体への負担が軽いのも、目を酷使することが多い現代の男性には嬉しいですよね。


ビジネス本だけに限らず小説を楽しむ際にも活用できますし、とてもおすすめのサービスです。

もしも家族が認知症になったら!?

家族が認知症に…

もしも家族が認知症になったら、どうすれば良いのでしょうか。「自分には関係ない話」と思われるでしょうが、決して他人事ではないのです。ある程度症状は軽減できるものの、完全な治療薬は作られていません。
では大切な人が認知症になれば、どう対応すれば良いのか探ってみました。

早い発見が鍵

そもそも認知症は、ある日突然発症するものではありません。少しずつじわじわと、症状が出てくるのです。例えば「ちょっとした物忘れ」でしょう。健康的な人であっても、物忘れはあります。きっと「年齢のせい」「よくあること」と、そこまで重大には取り扱わないでしょう。
しかし「ちょっとした物忘れ」こそが、認知症の始まりです。いつもとは違う「物忘れ」かどうかは、ご家族であれば直ぐに分かるでしょう。認知症の発見が早ければ、生活に支障が出ないほど症状は改善されます。

相談する

繰り返しになりますが、認知症は誰でも起きる病気です。かかったからとはいえ、恥ずかしいことではありません。だからこそ、1人で抱え込まず誰かに相談することも必要です。
理想を言えば、同じく認知症を持つ人を介護している方。経験者ならば、心強い味方になってくれるでしょう。
認知症の「に」の文字がわからない人でも、何かしらの形で助けになってくれるはずです。内に秘めた悩みを人に話すだけでも、精神的に楽になります。繰り返しになりますが、認知症は誰でも起きえる病気。家族の者がかかったからとはいえ、何の不利益もないのです。

介護サービスを使う

介護サービスを上手く利用するのも、手です。邑楽郡のグループホームでは、少人数制で温かいご家庭に近い形でケアをすすめていきます。アットホームな場所になりますので、利用者側にかかる負担もありません。
認知症にかかると物事を上手く考えられなくなるものの、家族に対する思いだけは変わりません。自分のために苦労をしているとわかれば、本人も辛い気持ちになるでしょう。なんとかしたいと考えているのなら、ネガティブではなくポジティブに考えるようにして下さい。