脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

宅配ドライバーに向いている人

宅配ドライバーに向いている人は?

京都では、宅配ドライバーの求人募集がかかっています。しかし誰しも「合う合わない」はあるもの。免許を持っているからとは言え、誰しもが宅配ドライバーの仕事ができるとは限りません。
では宅配ドライバーに向いている人は、どういった人なのか。探ってみました。

体力がある人

まずは体力です。大手の宅配業者となると、1日100件の宅配は当たり前です。勤務時間が8時間だとすると、1時間につき12個以上は届ける必要があるでしょう。宅配数だけを見ても、どっと疲れが出ます。さらに荷物の中には、重量があるものも含まれています。中には慎重な取り扱いが求められている荷物もありますので、絶対に落としてはいけません。
個人の荷物を運ぶだけならばまだしも、企業の荷物の宅配はもっと大変です。荷物の重量が10kg~20kgはザラにあります。繰り返しになりますが、重たいからとは言え取り扱いを雑にして良いという理屈は通りません。筋肉モリモリかつスタミナのある人なら、働ける仕事です。

精神的な強さを持っている人

精神的な強さも、必要になるでしょう。宅配ドライバーとして働く上で、避けて通れないのがクレームです。ドライバー側の不手際で出たクレームであれば、頭を下げるしかありません。問題は、ドライバー側の不手際がない時に出たクレームです。いわゆる「モンスタークレーマー」です。
モンスタークレーマーに関しては、宅配ドライバー以外の業種も頭が痛いもの。あまりにも理不尽過ぎるクレーム内容には、毅然とした態度で望むようにしましょう。

真面目な人

最後に、真面目な人です。宅配ドライバーだけでなく、全ての業種に当てはまることでしょう。残念ながら、不真面目なドライバーが増えています。お客様の大切な荷物を足蹴にする人もおり、問題になっているほどです。
お客様からお預かりした荷物は、何よりも大切なものです。ドライバーにとっては何でもないただの「荷物」だとしても、相手にとっては命そのものかもしれません。命を運ぶ以上は、最後までしっかり届けるのが宿命なのです。

広島で賃貸に住むメリットやデメリットは?

広島は、政令指定都市の広島市を中心に、持ち家か賃貸か比較的自由に選べる環境です。
大阪のような都市部であれば、持ち家をあきらめて賃貸に住むケースもありますが、広島はそういったことがありません。
今回は、広島で賃貸に住むメリットやデメリットは何なのかを紹介してい行きます。

広島で賃貸に住むメリットは?

広島で賃貸に住むメリットは、住み替えがしやすい、修繕費用を考えなくて済む、固定資産税がないという点です。
広島は多くの賃貸物件があるため、住んでみて抵抗があれば住み替えも可能です。
そのため、気になることがあればすぐに次の物件を検討することもできるでしょう。
敷金や礼金も都会ほど高額にはならないため、引っ越しの手間さえ考えなければ比較的に容易です。
修繕費用のことを考えなくていいのもメリットです。
広島の持ち家は台風などの被害や経年劣化で修繕費を検討することも少なくありません。
しかし、賃貸であれば、そういった費用はオーナー側が支払うので、そこまで考える必要がない点はメリットです。
最後が固定資産税がないということです。
特に広島市内に住むと固定資産税が高額になることも少なくありません。
しかし、賃貸であれば固定資産税を気にすることなく住み続けることができます。

デメリットも知っておきたい広島の賃貸

残念ながら賃貸にもデメリットがあり、広島の物件も例外ではありません。
それは自己資産にならないことです。
賃貸はひたすら家賃を支払い続けるだけなので、結局最後は何も残りません。
遺産相続や資産管理をしたいという場合には、あまりメリットがないのです。
それ以外は強いて言えば間取りや設備の自由度がないことが挙げられます。
これは広島の賃貸で注意すべきデメリットですが、我慢できるレベルです。
このように比較的メリットが多く、デメリットが少ないのが広島の賃貸ですが、資産にしたいようであれば持ち家を検討するのもおすすめの方法といえます。

 

軽貨物ドライバーで働く?

引く手数多の軽貨物ドライバー

今は何かと厳しい世の中。働きたくても働けないという方は、少なくないでしょう。厳しい状況下でも、常に求人募集を出しているのが軽貨物の仕事です。実際に栃木県だけにターゲットを絞っても、かなりの数の軽貨物に関する求人がヒットしました。
しかし軽貨物の仕事に「ブラック」の噂があるのも、事実です。未経験でできるかどうかも、全く分かりません。では軽貨物の仕事とは、具体的にどういった内容か掘り下げてみましょう。

仕事はブラック?本当ですか?

「軽貨物の仕事はブラック」というのは、おそらくドライバーの仕事を意味するでしょう。巣ごもり需要が高まっている中、通販を利用する人は多くなりました。通販利用者が増えるにあたり求められるのは、宅配の仕事です。
以前は大手の専売特許だった宅配。しかし大手だけでは、どうしようもなくなりました。人手が足らず、残業も当たり前状態です。そこで大手以外の運送業者も携わるようになり、負担を軽くしたというわけです。大変な仕事であるのは変わりませんが、一時期と比べるとかなり落ち着いたと見て良いでしょう。

色々ある軽貨物のお仕事

軽貨物の仕事は、何も宅配だけではありません。1人暮らしの人を対象にした引っ越しも、ある意味軽貨物の仕事と言えるでしょう。体力が求められる仕事でもありますが、単価が高いのが特徴です。
またチャーター便も、軽貨物の仕事です。チャーター便と聞くと飛行機での運搬を想像するでしょうが、必ずしも飛行機で運ぶとは限りません。契約を結んで運搬するのが「チャーター便」になりますので、軽貨物に分類されるのです。

実際に出ている求人

栃木県だけでも、軽貨物関連の求人はたくさん出ています。大半以上がドライバーとなっていますが、普通免許を持っている人なら誰でもできるでしょう。
例えば小山市で募集がかかっていたのは、機械部品の配送です。精密な物になりますので、運転テクニックが高い人が求められるでしょう。大手配送業者と提携している、宇都宮市の会社もドライバーを募集していました。

交通アクセス抜群な浦和!街の魅力を活かした開発で街の未来が明るくなる

浦和は埼玉県南部に位置します。浦和は、古くから発展してきました。旧中山道周辺の街並みや神社仏閣、史跡などの文化財が多くあります。また、美術館や図書館、科学館といった教育文化施設にも恵まれている地域となっています。

交通アクセス抜群!教育機関、商業施設が充実!子育て世帯には魅力的な浦和

浦和は利便性の高い交通に恵まれています。4路線利用可能で都心の主要駅へのアクセスが抜群。浦和は駅周辺に商業施設が複数集まっており、ショッピング環境が充実している点も魅力で住みやすさにつながるでしょう。また、有名進学校が複数あり塾や教育機関が充実している点など、子育て世帯にとっては非常に魅力ですね。

総合建設が開発の目的やニーズを開発に反映してこそ周辺地域のにぎわいは決まる!

浦和では、現在も大規模再開発が進められています。街や商業施設の開発は、総合建設が行います。街の開発で大切なことは、地域住民や行政の目的、ニーズをしっかり調査し開発に反映させていくことです。このような取り組みにより、開発エリアの利便性や利用率が上がるのでしょう。浦和の再開発は、都市機能を集約することで都心の形成を目指しています。また、開発エリア周辺のにぎわいや回遊性を高めるといった目的があります。このような明確な目的を定めることで開発が成功するのではないでしょうか。

街の魅力を活かすことが、浦和の街の希望へとつながっていく

浦和は埼玉県内で人口が多い地域です。浦和は、近年人口増加が続いています。人口増加が続く浦和ですが周辺事業所数は減少しています。このことから、行政は浦和が持つ環境的な強みを活かしきれていないと感じています。浦和は人口増加や駅利用者数の量が多いという特徴があります。このことから総合建設は、浦和は不動産投資的には魅力的な街としています。開発をする際に、浦和が持つ魅力を活かすことで、さらに魅力ある街になるのではないだろうかという期待が持たれています。

『B級観光地プロデューサーです! - 日本を真の観光立国にする』を読んだ感想

f:id:hatehate0204:20211216161413j:plain

コロナ前はNPO法人の立ち上げをするなど、地方創生やにぎわい作りのようなことを行っていました。

 

言葉は堅いですが、地方や地元を盛り上げようみたいなことから、観光にも関心があり、この本を見つけました。

 

著者の名前は一応、存じ上げており、たまたまアマゾンでこの本を見かけて評価も高いので軽い気持ちで読んでみましたので、ご紹介いたします。

 

この本のおおまかな内容

日本の観光地の99%はB級、C級観光地であると著者はいいます。

 

B級観光地がやっていくためには、勝手にお客さんが来てくれるA級観光地と同じ戦略ではダメと説得力のある記述が続きます。

 

トイレだけを使ってお金を落とさない観光客はいらない。
いかにお金を落とさせるか、それはいかに長時間滞在させるかということ、と実践的内容です。

 

なお、署名のサブタイトルは「日本を真の観光立国にする」となってますが、内容のほとんどは国内観光需要に関するもので、外国人向け観光に関する内容はわずかです。

 

この本のポイント

特にポイントと思われるところを箇条書きで抜き出しますと、

 

  • 今ある資源や資産を有効活用する
  • 気づいてない地元の宝を掘り起こす
  • 無駄な出費を減らしそれを新たな戦略の資金に充てる
  • A級観光地を利用したコバンザメ戦法で誘客を増やす
  • いきなり全国大会で戦う発想ではなく、まずは地方で勝つ
  • 万人向けではなく、ターゲットをしぼる
  • 地元のオンリーワンを見つける
    等々

 

全体として、今ある材料をいかに使うかというものが多いですが、盲点を突いた内容でもあると言えると思います。

 

いかに観光客に時間を使わせるかという発想が面白いです。

 

ショッピングセンターの客の滞在時間みたいなものですね。

 

考えるヒント・きっかけを与えてくれる本

書名は旅行業など観光業界に関わる人向けのものであるかのようですが、実際にはもっと幅広い内容です。

 

全国の青年会議所や商工会の人、県や市区町村等の地方創生に関わる人、イベント関連の人や街のにぎわい作りを手掛ける人、観光地に暮らす人など様々な人が読んで刺激を受けることの出来る本だと思います。

 

まとめ

コロナ以前には観光の主役はインバウンドという流れがありましたが、著者は「インバウンド人」という人種はいないとも説いています。

 

コロナによって外国人の入国は当分の間は以前のレベルに戻りそうにありませんし、次の時代の観光は大きく様変わりするかもしれません。

 

今後を考える上でのヒントがこの本から得られるかもしれません。

 

なお、観光に関わる人に限らず、旅行好きの人など一般の人が読んでも、なるほどこういう裏の仕組みがあったのかと知ることが出来て、興味深い内容だと思います。

出張買取業者の選び方!詐欺に注意

出張買取サービスの利用を検討

コロナの感染状況は、予断を許さない中にあります。家で必要がない物があれば中古店まで足を運ぶのが、ベスト。しかし今は気軽に出かけるのは、難しいのが現状。そこで利用したいのが、出張買取です。
出張買取を承っている所は、かなりたくさんあります。ただ慣れないサービスとなると、本当に大丈夫かどうか心配になるもの。出張買取の実態について、探ってみました。

詐欺に注意

出張買取のサービスで、詐欺は横行しているようです。よく聞くのが、飛び込みの買取です。ある日突然家にやってきて、何か売れるものがないかと強引な買取をすすめるものです。実は法律違反。仮に適切な価格で買い取ってもらったとしても、法律違反は法律違反です。下手をすれば、犯罪に巻き込まれかねません。
万が一納得ができないのならば、クーリングオフを利用しましょう。買取でも、クーリングオフは適用になります。契約後1週間以内に申し出れば、キャンセル可能。中にはクーリングオフを断っている業者もありますが、関係ありません。クーリングオフは、法律的に認められた制度。「クーリングオフ禁止」としている所があれば、最初から利用しないようにして下さい。

信頼できる出張買取サービスとは?

詐欺が多いのも事実ですが、まっとうに出張買取をすすめている所もあります。見ておきたいのは、古物商許可。出張をしてもしなくても、買取をしている所ならば必ず「古物商許可」が必要です。出張買取であれば「行商従業証」が必要。
古物商許可と行商従業証は、自治体から「買取で商売しても良いです」という許可をもらっている証拠になります。法律に従って営業しているので、安心できるでしょう。

埼玉にある出張買取サービス

埼玉県で出張買取サービスを行っている店は、法律に従って営業しているので安心して利用できます。埼玉一円に展開している店では、古物商許可をしっかり取得。信頼しても大丈夫です。なお出張買取サービスを使う場合は、家電製品3点からだそうです。
出張買取を検討しているのならば、1円でも高く買い取ってもらいたいもの。買取価格に目が向くものの、重要視したいのは届け出です。

全ての人がいきいきと暮らすことのできる環境作りを進める伊達市

伊達市は札幌と函館市の中間に位置します。温泉観光地として全国的に有名な登別や洞爺湖に隣接した地域です。伊達市は、病院や大型商業施設、福祉施設など日常生活に必要な施設を街の中心部にまとめたコンパクトシティを実現しています。

ノーマライゼーションを実践する伊達市

伊達市では多くの支援を必要とする人が一般市民と同様に生活や活動を行うノーマライゼーションが実践されています。ノーマライゼーションとは障害者や高齢者がほかの人と平等にいきいきと生活できる社会を目指すという考えです。これは、社会基盤の整備や福祉を充実させることで社会的立場が弱い人たちも暮らしやすくしていこうという取り組みです。

介護リフォームの一部費用を助成してくれる伊達市

高齢者や障害者が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指す伊達市では福祉事業に注力します。そのひとつが介護リフォーム。伊達市では障害や難病を持つ方が自宅で安全に安心して暮らせるよう住宅改修に必要な介護リフォームの一部費用を助成しています。介護を必要とする人は一般住宅の小さな段差や開き戸などが生活の障害となり暮らしにくさにつながる可能性があります。このようなことから、伊達市では介護リフォームの補助が行われています。

総合的なバリアフリーや公共交通機関の充実を進める伊達市

伊達市は全ての人が暮しやすい街づくりを実現するため暮らしやすい街づくりを進めています。この中で総合的なバリアフリーを実現するため道路整備。歩行空間を十分に確保するための自歩道の確保などを進めています。公共交通機関では高齢者の増加により、自宅近くから利用できるバスの需要が高まっています。これにより、利便性の向上や路線確保などの努力がされています。また、新しい移動手段の導入などを積極的に進めています。伊達市では市民のニーズが多様化し複雑化しています。このことで伊達市では市民が都市計画に関心を持ち、生活環境づくりに積極的に関われる仕組みが進められています。