脱サラ40代社長のお仕事手帳

会社に残るか転職かと思ったら40歳から独立起業してしまったオヤジのお仕事メモ

本庄市の塗装工事で業者を依頼する前に知っておきたいこと

工事はどのような流れで行われているのか

塗装工事は塗っているところしか私たちは見たことがありません。
塗装する前の準備が非常に大切です。
あなたや作業をする職人さんの安全を守ります。
すべて業者におまかせしがちになります。
本庄市で塗装工事の業者を依頼する前に知っておくとよいです。
逸脱していれば善し悪しに気づくことができるからです。
安全に作業を行えるための足場を1番に組みます。
2階建て以上の場合は、足場が必要と決められています。
作業しやすく、高いところも塗装工事ができます。
高圧洗浄で壁をきれいにします。
壁が汚れてままだと塗料がキレイに塗れないからです。
塗料が家や他につかないように養生します。
壁のひび割れを治す下地補修に入ります。
数日くらいにかけて下準備が完成します。
屋根や外装の塗装が10日間ぐらい行われます。
一軒家だと全工程2週間くらいの期間を要します。
お住まいのきれいな仕上がりにため息が出ることでしょう。

本庄市の塗装工事はいつ依頼をするとよいのか

新築から10年ごとに塗り替えるとよいとされています。
塗装を行うサインはいくつかあります。
塗料がはげていたり、外壁にひびが入っていたりしているなどです。
塗装を行うのによい時期もあります。
雨や雪が多いシーズンは塗り替えには適していません。春や秋が良いです。
塗料によって耐用年数が変わってきます。
本庄市で塗装工事期間を逃すと住宅が腐食することになってしまいます。
リフォーム費用も大きく負担がかかることになりかねません。
塗装の料金は坪単価か平米単価で計算されます。
業者の見積もりに詳細が記載ところを選びましょう。
工事項目が記載されているところも大切です。
塗料によっても金額が変わります。
仕上がりについては業者の施工例を参考にしてみてください。
無料で相場を出してくれるサイトもあります。
高い材料がいいとも限らないので業者と相談してみてよい方法を選んでください

オーディオブックはじっくり読書する余裕がない男性におすすめ

本を手に持ちじっくり読書する余裕がない男性におすすめなのが、オーディオブックの利用です。


オーディオブックはナレーターや声優が本を朗読してくれるので、耳から情報をキャッチできます。


ビジネスや趣味に活かせるため、今脚光を浴びていますよね。


そんなオーディオブックの魅力と、活用法について解説します。

 

目で文字を追うよりも楽

オーディオブックの魅力は、目で文字を追うよりも楽なところです。


30代を過ぎ40代に突入してくると、文章を読むのが辛く感じますよね。


それは視力の衰えや老眼などの影響を受け始めるからです。


その点オーディオブックは目ではなく耳で情報をキャッチするのでそれほど疲れません。


サーっと聞き流すこともできますから、体への負担が軽いです。


それでいて十分な情報量をキャッチできるので、文章を読むのが辛く感じる男性に特におすすめです。

 

場所を選ばずに利用できる

本を読む場合満員電車の中や運転中はできませんが、オーディオブックは利用する場所を選びません。


たとえ満員電車でも耳さえ空いていればイヤホンをつければ利用できますし、手を使わないので運転中に聞くことも可能です。


働き盛りの中年男性は、落ち着ける場所でゆっくり読書する時間を持てませんよね。


オーディオブックなら場所を選ばないので、とても便利で効率的です。

 

小説を楽しむのにも向いている

オーディオブックはビジネス本で活用されることが多いですが、ビジネス本以外に小説を楽しむのにも向いています。


数々の名作がオーディオブック化されているので、小説を読まずに聞いて楽しむことが可能です。


しかも実力ある人気声優や人気ナレーターが朗読を担当しているため、物語に入り込みやすいです。


「本を読むのが苦手」というタイプの男性でも、オーディオブックなら気軽に小説を楽しめます。

 

audiobook.jp

 

まとめ

じっくり読書する時間と余裕がない男性向けに、オーディオブックについて紹介しました。


オーディオブックの魅力は、耳さえ空いていれば利用できるところです。


耳さえ空いていればOKのため、利用する場所を選びません。


好きなタイミングで気軽に利用できます。


また耳だけしか使わないので体への負担が軽いのも、目を酷使することが多い現代の男性には嬉しいですよね。


ビジネス本だけに限らず小説を楽しむ際にも活用できますし、とてもおすすめのサービスです。

もしも家族が認知症になったら!?

家族が認知症に…

もしも家族が認知症になったら、どうすれば良いのでしょうか。「自分には関係ない話」と思われるでしょうが、決して他人事ではないのです。ある程度症状は軽減できるものの、完全な治療薬は作られていません。
では大切な人が認知症になれば、どう対応すれば良いのか探ってみました。

早い発見が鍵

そもそも認知症は、ある日突然発症するものではありません。少しずつじわじわと、症状が出てくるのです。例えば「ちょっとした物忘れ」でしょう。健康的な人であっても、物忘れはあります。きっと「年齢のせい」「よくあること」と、そこまで重大には取り扱わないでしょう。
しかし「ちょっとした物忘れ」こそが、認知症の始まりです。いつもとは違う「物忘れ」かどうかは、ご家族であれば直ぐに分かるでしょう。認知症の発見が早ければ、生活に支障が出ないほど症状は改善されます。

相談する

繰り返しになりますが、認知症は誰でも起きる病気です。かかったからとはいえ、恥ずかしいことではありません。だからこそ、1人で抱え込まず誰かに相談することも必要です。
理想を言えば、同じく認知症を持つ人を介護している方。経験者ならば、心強い味方になってくれるでしょう。
認知症の「に」の文字がわからない人でも、何かしらの形で助けになってくれるはずです。内に秘めた悩みを人に話すだけでも、精神的に楽になります。繰り返しになりますが、認知症は誰でも起きえる病気。家族の者がかかったからとはいえ、何の不利益もないのです。

介護サービスを使う

介護サービスを上手く利用するのも、手です。邑楽郡のグループホームでは、少人数制で温かいご家庭に近い形でケアをすすめていきます。アットホームな場所になりますので、利用者側にかかる負担もありません。
認知症にかかると物事を上手く考えられなくなるものの、家族に対する思いだけは変わりません。自分のために苦労をしているとわかれば、本人も辛い気持ちになるでしょう。なんとかしたいと考えているのなら、ネガティブではなくポジティブに考えるようにして下さい。

新潟県の運転代行について

日本第5位の国土面積を誇る新潟。コシヒカリの生産量日本一を誇り、豊かな自然に恵まれた街です。
地方ということもあり、通勤や生活のため自家用車を保有する人は多いです。都道府県データランキングによると、全国では13位となっています。だから、車に乗って飲みに行く場合もあるのではないでしょうか。新潟県の運転代行の事業所や料金について解説します。

新潟の運転代行の料金と依頼方法

代行運転の料金は、地域や記者によって差があります。
基本料金に距離を足して、料金は計算されます。新潟の大体の相場は、基本料金が1300円(1kmまで)  以降、500mごとに100円加算となっています。
代行運転の依頼の仕方は、インターネットで近くの運転代行業者や安い業者を検索するといいでしょう。もし飲食店にいる場合、提携している運転代行業者をお店の人が教えてくれる場合もあります。

運転代行とは?

運転代行とは、依頼主の代わりに運転代行会社の社員が、目的地まで運転してくれるサービスのことです。
運転代行は2人1組で行われます。
2人のうち1人は依頼主の車を運転し、目的地まで搬送。もう1人は、車で依頼主の車を追従します。目的地に到着後、代行業者は随伴車で会社へ戻るシステムになっています。

新潟県の運転代行業が果たす役割

新潟県の飲酒運転の減少には、運転代行業が貢献しています。
平成29年は飲酒運転による事故の件数は64件発生しました。令和3年には38件と約4割も減少しています。
「飲んだら飲むな、乗るなら飲むな」という意識が県民全体に浸透してきているおかげでしょう。
また意図せず飲んでしまった場合、役に立つのが運転代行です。
運転代行を利用することで、安全に帰宅することができます。

東京の総合建設業の役割とは?どんな仕事をしているの?

東京には建設技術のスペシャリストを集めて、チームとしてまとめる総合建設業が数多くあります。
では、東京の総合建設業ではどのような役割で仕事をしているのでしょうか。

大きな工事を担当することが多い

個人宅や外構工事といった小さな仕事は各分野のスペシャリストが行いますが、大きな工事、例えば地図に残るような仕事をするような規模のものを担当するのが総合建設業の仕事です。
特に東京は様々な巨大工事があるので、そういった工事をするためにチームを作って対応するのが総合建設業といえるでしょう。

東京ではどのような場面で総合建設業が活躍しているの?

東京では、社会基盤、大型施設、防災設備、歴史的建造物の修復、環境保護、未来の建築技術の研究といった場面で総合建設業は活躍しています。

まず、社会的基盤として河川やトンネル、駅舎といった施設を作っています。
東京では、線路の置き換え工事や駅の新築、改修など街を歩けば様々な場面で総合建設業が活躍しているでしょう。

大型施設は、商業施設はもちろん、公共施設やホテル、マンション、ビル、病院などを建設しています。

防災設備も総合建設業が手掛けています。
地下の貯水設備や大型の建造物の免振工事といった目に見えない場所の工事も総合建設業が管理し施工しているのです。
目に見えないながらも巨大な設備であることが多いのですが、こういったところでも東京の総合建設業は活躍しているといえるでしょう。

意外に知られていないのが古い建物の修復や復元の工事です。
こういった工事を行うことで総合建設業は古い建物を次の世代に引き継いで行きます。
東京は、特に歴史的建造物が多いので、活躍する場面も多いといえるでしょう。

屋上緑化や大規模ソーラー設備といったものの建設も行っています。
これは、総合建設業だからこそできる工事です。

さらに建設技術の研究も行っています。
研究というと大学や研究所の仕事のように感じられますが、総合建設業は新しい建設技術を研究して効率的な工事を追及しているだけでなく、将来宇宙や海底、海上といった場所で工事ができることを目指しています。

図解まるわかり『DXのしくみ』を紹介!時代が求める最先端知識は書籍で学べる!今知りたいDXがわかる!

近年、DXというワードがあらゆるシーンで使われるようになりました。

DXってなんのこと?自分には関係あるの?など、疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

今さら人に聞くわけにも行かないという人が、わかりやすくDXを学べる書籍を紹介します。

ビジネスパーソンが今知っておきたいDXの基本が網羅されているので、さまざまな場面で役立つこと間違いなしです!

 

図解丸わかり『DXの仕組み』おすすめの理由

DXについて興味があるが、内容はほとんど解っていないというレベルの人にぴったりです。

DXをめぐる、社会全体の動きや意図がしっかりと解説されています。

また、企業が取り組むDXの事例まで解説されているので、イメージが湧きやすく、読み進めやすく理解が進みます。

 

これまで、インターネットやクラウドに関する知識を使ってきた人にも、最新の知識をアップデートできる内容となっており、すべてのビジネスパーソンにとって、有意義な一冊です。

 

イラスト豊富だからわかりやすい

クラウドとユーザーとの関係、IoTデバイスの通信手段など、大枠知識も、通信技術も、図解とともに解説されているのが嬉しい点です。

ITが苦手と感じている人にも、豊富なイラストでイメージしやすいので知識がしっかり身につきます。

 

また、各論点に対して、1ページの見開きでポイントチェックまで完結しています。

なので、スキマ時間などを使って1日1論点を読み進めるのに最適です。

 

こんな人におすすめ

DXの概念のみならず、身近で使っている技術面も理解したい人におすすめです。

これからのDX時代に、身につけるべきITとデジタル技術を基礎知識から実用まで幅広く学ぶことができます。

 

技術面の理解は、いまや文系職の人にも求められる時代です。

ぜひこの一冊を手にとってみてください。

 

ビジネスの幅が広がるきっかけになるでしょう。

 

参考URLはこちら↓↓↓

www.amazon.co.jp

 

まとめ

今回は、時代を象徴するワードである「DX」に関連する書籍を紹介しました。

イラストが豊富でイメージしやすいことは、ITに対する苦手意識も克服するキッカケとなります。

 

DXは、IT職・非IT職に関わらず、すべてのビジネスパーソンに求められる知識です。

これから、あらゆる場面で、DXとビジネス、私生活が結びついていくでしょう。

 

具体的な内容を知りたい人は、キーワードごとに見開きで学べる本書を利用して基礎知識を身につけてみてください。

 

九条ネギ(青ネギ)が有名な京都で栽培される白ネギの実態は?

京都府は歴史的建造物が多く、桓武天皇の遷都以降は明治維新まで天皇がお住まいの地域でもありました。2022年に京都市観光協会が発表したデータ月報によれば、コロナ禍によって激減していた京都市内の客室稼働率が上昇しており、コロナ禍以前の賑わいが徐々に戻りつつあります。かつての都を象徴する歴史的建造物に魅了され、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットが点在する京都では『生八つ橋』や『京ばあむ』といった定番菓子のほか、「京の伝統野菜」と呼ばれるブランド産品を売り出していることでも有名です。

京の伝統野菜「九条ネギ」について

京の伝統野菜として栽培される農産物のなかには「九条ネギ」と呼ばれるネギがあります。九条ネギは甘味の強さと口当たりのよさが特徴的な品種で、平安時代には既に京都・九条付近で栽培されていました。一般的なネギと比べて色の濃い太ネギ(黒種)と、株分かれしやすく細いネギ(浅黄色種)の二種類が育てられており、京都府内では九条ネギを入れた京料理を味わうことができます。ビタミンが豊富に含まれた九条ネギは「葉ネギの王様」としても有名です。しかし九条ネギは青ネギ(葉ネギ)の一種であって、白ネギではありません。そもそも、京都で栽培される白ネギは住民に人気なのでしょうか? 京都における青ネギ・白ネギの人気を解説します。

京都は白ネギよりも青ネギが人気?

元々、日本では東西によってネギの人気に違いがあります。たとえば関東では白ネギが料理に多く使われるのに対し、関西では青ネギが普及しています。つまり、ネギの葉を使うかどうかは東西で分かれているのです。そのため京都でも青ネギが人気ですが、白ネギが育てられていないというわけではありません。九条ネギがポピュラーな京都だからこそ、新しい取り組みとして白ネギを育てる農家が増えています。京都府亀岡市で白ネギを生産・販売している農園『ソルモンド』をご紹介しましょう。

白ネギを栽培するソルモンド農園の魅力

京都府亀岡市曽我部町で九条ネギと白ネギを生産するソルモンド農園では、土の中の微生物を利用する微生物酵素農法を実施しています。微生物は旨味成分として知られるアミノ酸を作る能力を持っており、ネギの美味しさを最大限引き上げてくれる力があります。ソルモンドは甘味の強さと太さが特徴的な白ネギを一年かけて収穫しています。未だ京都のネギは九条ネギのイメージが強いですが、ソルモンドは白ネギの魅力を周辺地域へ徐々に広げています。この白ネギは葉を美味しく食べることも可能で、京都に住む方にとって非常に受け入れられやすいネギと言えるでしょう。ソルモンドは公式ホームページ上で定期的に白ネギの生育状況を載せているため、興味のある方は栽培の様子を覗いてみてはいかがでしょうか。